23日、英BBCは、中国人は他国からどう見られているかを非常に気にする人々であると伝えた。

写真拡大

2016年6月23日、英BBCは、中国人は他国からどう見られているかを非常に気にする人々であると伝えた。

記事は、先日、中国で話題になった写真を紹介している。写真はイタリアのスーパーの、「スイカをたたかないでください。返事はしません」という注意書きを写したものだ。この注意書きはイタリア語で書かれていて、中国人観光客を対象にしたものではないが、それでも中国のネットユーザーの間では、スイカを選ぶ際の「自国の独特の習慣」を批判する声が上がり、シェアされる際には中国人への注意喚起が付け加えられた。

しかし、すぐに別のユーザーから「スイカをたたくのは世界的な伝統だ」との反論が寄せられた。ネットで検索すると、確かに熟れ具合を確かめるためにスイカをたたくという行為は、世界の多くの地域で行われているようだ。最初に投稿したミラノ在住のユーザーは写真を削除した。

記事はこの騒動について、「中国人が、自分たちが他国からどのように見られているかを非常に気にするということを改めて証明している」と伝えている。先日、ザンビアメディアが「中国人は人肉を使って『牛肉の缶詰』を作り、アフリカで販売している」と報じた際も、中国人はすぐに否定し、ザンビアメディアに謝罪させている。これについも同様のことが言えそうだ。(翻訳・編集/北田)