18日から24日までの1週間、中国にかかわる主な動きとして、プーチン大統領の訪中やスパコン世界ランキングでの快挙が報じられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月18日から24日までの1週間、中国にかかわる主な動きとして以下のようなニュースが報じられた。

▼中国外交部、ロシア・プーチン大統領の訪中を発表
中国外交部は20日、ロシアのプーチン大統領が25日に中国を公式訪問すると発表した。 高速鉄道事業や軍事同盟強化をめぐる動きがあるとみられている。

▼スパコン世界ランキング、100%中国製「神威・太湖之光」が首位
スーパーコンピュータの処理能力ランキング「TOP500」が20日発表され、100%中国製の「神威・太湖之光」が首位となった。1分間の計算能力は世界72億人が同時にコンピュータで休むことなく32年間計算するのに相当するという。

▼ピクサー映画「カーズ」、パクリ問題で中国アニメ相手に裁判
中国上海市浦東新区人民法院で21日、ピクサー映画「カーズ」の知的財産権侵害をめぐる裁判が開かれた。 原告のディズニーとピクサーは中国国産アニメ「汽車人総動員」にキャラクターイメージを盗用されたなどと訴えた。

▼日本人初!上海国際映画祭で藤山直美さんが最優秀女優賞
第19回上海国際映画祭(中国上海市)が19日に閉幕し、藤山直美さんが最優秀女優賞に輝いた。日本の俳優の同賞受賞は初めて。

▼江蘇省で巨大竜巻発生、規模は過去50年で最大
中国江蘇省塩城市で23日午後3時ごろ(現地時間)、ここ50年で最大規模と言われるほどの竜巻が発生した。約100人が犠牲になるなど、甚大な被害が出た。(編集/野谷)