撮影:小林裕和

写真拡大

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)〜ただ君を愛してる〜』がTVドラマに引き続き映画化。6月18日より公開中です。

今回は藤ヶ谷さん演じる樫野零の親友・木田達也役、稲葉友さんにインタビュー。映画では晴美(山崎紘菜)に恋心を寄せる達也!稲葉さんの恋愛観やキャストのイメージ、映画の見所まで聞いてきました!

【映画『MARS』】狂気的な役にハマる窪田正孝「思わず涙ぐんでしまったこと」とは?

撮影現場では藤ヶ谷太輔が無茶ぶりしてくる(笑)

――映画では晴美と達也の関係性も少し変わってきているのかな、と思いました。

稲葉:気付きました?こっそりやってたんですけど(笑)。サイドストーリーなので。メインのストーリーが重いので箸休めとして楽しんで貰えるといいです。

――撮影現場での藤ヶ谷さんや窪田さんの印象を教えてください。

稲葉:2人ともそれぞれ全然違うタイプの人でした。藤ヶ谷くんはすごく気遣いの人で、常に周りを見て、空気を盛り上げたり引き締めたりしてくれる方。僕とは役としての関係もあるので、たくさんコミュニケーションをとってくれました。本当に「あ、主演って感じだな」って人ですね。

窪田くんは、逆に吸引力がある人というか。引っ張っていく、統率力とかではなくて、佇まいで惹きこんでいく、芝居で連れて行ってくれるみたいな。現場に窪田くんがいるだけですごく安心するし、ご本人はお話したらとてもほがらかな人で。僕は劇中での絡みはあまりなかったですけど、現場で会えばいろいろな話をさせてもらいました。

――例えばどんな会話をされたんですか?

稲葉:窪田くんとは、生い立ちがすごく似ていて。地元が神奈川で男3兄弟の末っ子。小学校は兄貴2人と同じ野球をやってたんだけど、お兄ちゃんと一緒のことは嫌だったので中学からはバスケやる、みたいなところまで一緒なんですよ。だからすごく親近感が湧きました。

藤ヶ谷くんは、「へー!」って言ってしまうような興味を引くエピソードトークが多くて、いろんな話をしてくれました。あとは無茶ぶり。撮影現場では僕は達也って呼ばれていて、「達也なんか面白いことねーかな?」って、周りのみんなに聴こえるように言うんです。それで注目が集まったところで「地獄だな」って思いながらやるんですけど、藤ヶ谷くんも別に笑ってくれなかったり(笑)。そうやってイジってコミュニケーションを取ってくれて、僕の現場の立ち位置を作ってくれたので、居心地がよかったですね。

主演やヒロインに助けられた

――キャストに助けられたという場面はありましたか?

稲葉:劇中ではあまり絡みはなかったんですけど、(キラ役の)飯豊まりえさんの空気感にはすごく救われました。プレッシャーもすごかっただろうし、大変なことも多かったと思うんです。でも、彼女(飯豊まりえ)で良かったなって現場のみんなが感じていたと思います。

すごくみんなを笑顔に出来る人なので、すげーなぁと思って見てました。尊敬したし、やっぱりやるべくして(ヒロインを)やっているんだなと感じました。

――飯豊さんのキラと重なる部分はありますか?

稲葉:キラの持っている頑固さというか真っ直ぐさ、ブレなさというのは、きっと彼女(飯豊まりえ)にもあって、あの若さですごく芯を感じる人です。そこは近い部分なんじゃないかと思います。演技も惹き込まれるし。

キラはストーリーの結果、可哀相ではあるんですけど、その可哀相なキャラを演技で出しているわけじゃない。可哀相な演技をしよう、じゃなくて、真っ直ぐにキラを大事にしてやっているから、観ている人にも響くんだと思います。あれは彼女(飯豊まりえ)だからこその力強さと壊れそうな感じなんじゃないかな。

――藤ヶ谷さんと零の重なる部分はありますか?

稲葉:やっぱり中心にいて、空気を作れちゃうところ。零は作品の中ではみんなの中心だけど、みんながあまり踏み込みきれない人。でも藤ヶ谷くんはみんなにとても優しいし、主演というのはもちろんありましたけど、楽屋でも現場でも場の中心にいて、空気を作ってくれるし、空気を変えられる人でした。

そういう意味では、やっぱりカリスマ性みたいなものを持っている人じゃないとできないんだろうな。空気を変えようと思ってやっているのかはわからないんですけど、変えられちゃうのですごいな、と思います。

――藤ヶ谷さんのおかげて空気が変わったな、と感じたエピソードはありますか?

稲葉:本当に何気ない時なんですよね。例えばちょっとスタッフさんが誰かを怒って若干空気がピリッとしたときに、それをそのまま緊張感として持って行く時はそのままやる。けど、空気を良くしたほうが良いシーンの時には、すぐ「達也!なんかないの?面白いこと」みたいに無茶ぶりしてきたり。でもそれは意図がわかるので、僕も応えなきゃなと頑張ってやってました。そういった、何気ない時に気を遣ってくれてるなって思いましたね。

予定を立てるのが苦手……家でのんびり、お家デートが理想

――BBQのダブルデートのシーンもありましたが、稲葉さんの理想のデートはありますか?

稲葉:毎回外出するデートはあまり出来ないタイプなので、外にデートに行くなら1回に全力を注ぎます(笑)。あとは基本は家や近所でごはんを食べるとかがいいな、と思っていて。ちょっと車や新幹線で行く遠出のデートを1日、2日、全力で楽しんで、あとはひたすら家にいてうだうだ映画観たりとか、家でのんびり他愛もない話をするのが理想ですね。

頑張るところは頑張ってバランスをとるので、別に楽してるとは思わないで欲しい(笑)。こういった過ごし方を幸せだと思える人がいいな、と思いますね。

「出かけよう!」って言う子もアグレッシブでかわいいとは思うんですけど、僕はすぐに家に帰りたくなっちゃうんで(笑)。

――家が好きなんですね(笑)。

稲葉:あと人と一緒に歩くのが苦手だったり、仕事以外の団体行動が本当に出来なくて。なんていうか、あまり予定とかが組めないんです。マネージャーさんがいなかったら本当に仕事も生活も出来ないなと思います。プライベートでもあまり予定が立てられなくて。好きな時に好きなところに行けて、好きな時に帰りたい。

――合わせてくれる柔軟性がある女性がいいですね。

稲葉:そうです、僕の都合で(笑)。いや、もちろんタイミングをあわせて(予定を立てて)何かしよう、っていうのもありますけど、友だちに対してもあまり自分から提案できないんです。誘って断られるのもヘコむし。例えば仕事で行けないとか、明日早いからとか、そういう真っ当な理由で「ごめん、行けない」って断られてもヘコむんです。「そうなんだ、じゃあまた連絡するね」って言ってはいても、しばらく連絡できないんですよね。

だから、誘われたいんです。誘われたら行く(笑)。誘われてみんなでワーッと遊んでいるところに1人で行って、1人で帰る。そういう生き方です。

女性には甘えて欲しいし、自分も甘えたい

――稲葉さんは、零やキラのようにトラウマや人に言い辛い過去を抱えていたら、好きな人に知って欲しいですか?

稲葉:なるべく知ってほしいなと思います。相手も、もしそういった抱えているものがあるとしたら、そのことに対して何が出来るかは別として、言ってくれると嬉しいです。

――稲葉さんはキラと晴美だったらどちらの女性がタイプですか?

稲葉:晴美ですよ!晴美かわいいです。言動に筋が通ってるし、冷静で賢そうだけど意外と抜けているところもあって。頼れるし、安心できるから逆に支えたいというか。甘えて欲しい、そして甘えたい(笑)。

――女性に甘えたいタイプですか?

稲葉:はい(笑)、割とずっと外で気を張って、気を遣って生きているので、家くらいでは……。そんな自分を許してくれる人がいいですね。

――零とキラのような男性が女性を守ってあげる関係と、達也と晴美のような女の子がちょっとバカな男子を引っ張っていってあげる関係では、どちらが好みですか?

稲葉:零とキラは、いろいろあって大変すぎる部分は御免こうむりたいですけど(笑)、でもドラマチックで、やっぱり零みたいな男ってかっこいいし、憧れはします。けど、僕はそういうタイプじゃないんで(笑)。達也みたいな関係の方がいいかなって思いますね。

――零みたいにかっこよく振る舞うことが苦手なんですか?

稲葉:出来ないんですよ。かっこつけようとするんですけど、達也と一緒でかっこつかないんです。それは自分でわかっているんで、そうやって生きてます。

――劇中のBBQのシーンの達也に通じるものがありますね。

稲葉:そうなんです。でも愛すべき男だとは思いますよ、達也は。すごく素直だし、映画にも達也だからこそ出てくる優しい言葉がたくさんありました。零もそういう達也の言葉だからこそ救われた部分もあるんじゃないかなと思うと、なんか、そんな男でもいいかなって思いますね(笑)。

素直な達也だからこその魅力

――達也はとぼけているようで、しっかりしたことも零に言っていますよね。

稲葉:達也みたいな人間だからこそ、相手のことや周りのことは常に考えていて、「何か言ってあげなきゃ」じゃなくて、「え、だってこうじゃん?」ってそこには嘘がない、すごく素直な言葉が出てくるんだと思います。気を遣って出た言葉じゃなく。

達也は、自然と感じたことを正直に伝えてくれる人。そこはすごく素敵な人だと思ったし、そういったところは大事に演じなきゃなと思ってやってました。

――達也が発した言葉で印象に残っている場面はありますか?

稲葉:やっぱり、BBQのシーンで、晴美に「俺達も付き合う?」っておどけて言った場面は、達也らしいと思いました(笑)。

良いシーンの良いセリフでいうと、零と2人で喋ってて「別に普通じゃん?俺だって好きな人が殺されたら復讐するだろうし」って言えるのが、あれこそ達也が放つすごく素直な言葉。ああいう場面や状況って危うくて、相手の言葉次第で傷つくこともある。でも達也は本当に優しくて良いやつだから、別に励ましてやろうとか思ってるわけじゃなくあの言葉を言っているんですよね。本編を観ても、良いセリフをいただけたな、と思った場面です。

――ドラマのラストから続きが気になっているファンの方へ、映画の見所を教えてください!

稲葉:みなさん気になるのはやっぱり、零と牧生とキラの三つ巴の関係性だったり、3人の過去、なぜここに至ったのか、っていうことが紐解かれていく部分だと思うので、そこは期待して観て欲しいです。そしてもし余裕があれば、何度か観に来ていただいて、達也の恋の行く末を追っていただければ幸いです(笑)。

あと、みんなドラマの時は零とキラに感情移入していたと思うんですけど、きっとこの映画だと牧生に感情移入もできるので、そういう楽しみ方もしていただければ。ドラマの終わり方だと、「牧生、超こええ!やべー奴だ!」ってなっているので、みんな怖がっていると思うんです。まぁ、実際直面したら怖いんですけど。でも、気持ちわかっちゃうかも、って牧生を怖がらずに観てほしいなって思います。

――牧生の気持ちがわかっちゃう部分とは?

稲葉:牧生は悪気はないから、しょうがないんですよ。純粋すぎちゃったし、周りに零やキラ、達也みたいに支えてくれたり助けてくれる人がいなかったから、こうなってしまったんだろうって。

人間のシンプルな欲求や目的っていうものに対してすごく正直だから、共感できちゃってもいいんです。それが倫理的にとか、越えてはいけないダメな部分はあるけど。もしかするとそこまで強く想えるってすごく素敵なことなんじゃないかって見方もあると思いますね。

――ありがとうございました!

劇中では、牧生のことを「やべー奴だ」と言っている達也ですが、牧生の純粋な言動に「わかっちゃう部分もある」と理解を示した稲葉さんの言葉にも、達也のような素直さを感じました。劇中でホッとさせてくれる達也の存在に注目してください!

ヘアメイク:松本和也
スタイリスト:荒木大輔