お酒飲めないのに不公平! 女子会の会計でもめがちなこと4つ

写真拡大

普段はあまり行かないようなお店で、女子トークができる女子会は楽しいですよね。特にお酒が入ると、会話も盛り上がります。でもそんな女子会の会計で、不満に思ったことはありませんか? 今回は「ドン引きした女子会の会計」について、社会人女性のみなさんに教えてもらいました。

■1円単位の割り勘がめんどくさい!

・「お会計の際に1円単位で請求してきた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「1円単位での割り勘の計算をしてくる女子。細かすぎるしめんどくさい」(31歳/情報・IT/営業職)

・「1円単位で割り勘した方が良い!と言った友だちが居た。面倒くさい!」(33歳/不動産/専門職)

多かったのは「1円単位の割り勘」という声でした。割り勘にするのはよくても、細かい端数まできっちり計算するのは面倒ですよね。でも中には、1円単位までこだわる人もいるようです。

■納得いかない損してる感じ……

・「お酒が飲めない人も全員割り勘だったとき」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「酒豪の女友だちがガンガン飲んだあげく、会計のときに当たり前のように割り勘と言い出したこと。ちょっとは気を使うべき」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「割り勘なんだけど、明らかに一人二人たくさん食べすぎててこっちは遠慮してるのに、なんか損してる感じがする女子会」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

ほかには「お酒をたくさん飲んだ人とも割り勘」という声もありました。女子会は割り勘が基本ですが、お酒が飲めない人からすると、酒豪の友だちの分も含めて払うのは不公平な気がしますよね。

■ちゃっかりポイントを貯める……

・「みんなから現金を集めて、クレジットで払い、ポイントを独り占めしていた子がいた」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「私がまとめて払うといい、ちゃっかりポイントも貯め、人から多めに徴収する子がいた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分だけクーポンを使う人。お店のポイントが欲しいからといって、みんなからお金を集めて払って自分のポイントにする人」(26歳/医療・福祉/専門職)

クレジットカードのポイントを貯めるために、参加者からお金を集めて払う、という猛者もいるようです。まとめて払ってくれるのはいいですが、ポイント目当てだと引いてしまいますよね。

■足りないから!

・「『私はほとんど食べてないから』と言って、1,000円しか払わなかった子がいた」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「散々飲み食いして途中で帰った人が、一人分にもならない額を置いていったこと」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分はお酒をあんまり飲まなかったから、とワリカンよりも少ない金額を置いてさっさと帰ってしまった人がいた」(32歳/自動車関連/技術職)

1人分のお会計よりも少ない金額を「ほとんど食べてないから」なんて出されたら、その場の雰囲気が悪くなりますよね。途中で帰られるとどうしようもないので、ほかの人の負担が大きくなってしまいます。

■まとめ

「ドン引きした女子会の会計」について、1円単位の割り勘やカードのポイントを貯めるなど、4つのドン引き行動がありました。会計の場でもめると、楽しかったはずの女子会も台無しですよね。会費制にしておくなど、お会計はできるだけスマートに済ませたほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性157件(25歳〜35歳の働く女性)