あせもで肌荒れ…どうやって予防できるの?

写真拡大

 夏の時期、大量に汗をかいた後にできやすいのが「あせも」。汗が出る出口が詰まってしまい、後から出てくる汗が表皮に浸透‥‥これが炎症のきっかけとなり、あせもが発症する原因なんです。予防のポイントは、汗をためずに毛穴をつまらせないこと!

 そんな大人のあせも、きれいな人たちはどんな風に予防しているのでしょうか? 

 例えば、ベビーパウダーはよく使われている一品。汗を吸着してくれるので、そもそも汗の出口が詰まるのを回避してくれます。汗をかいたらサッとウェットティッシュでふきとるのも大人の女性のたしなみです。

 そして漢方の世界では「ドクダミ」があせもケアにいいといわれています。ドクダミ化粧水や乾燥した市販のドクダミを用いてお茶にするなどして飲んでみましょう。

 また、あせもだと思っていたら、実は汗による肌荒れだったなんてことも。あせもとは違い、汗が乾燥した後で残るアンモニアやミネラルなどの成分が刺激になり、かぶれやかゆみを引き起こします。

 もし普通のあせもとは違うと感じたら、すぐに対策を。予防するには乾燥や洋服の摩擦を防ぐことが先決です。

 この夏もあせもや肌荒れ知らずのすべすべ肌をキープしましょう。