ドキ!「ただの友達が恋愛対象になる瞬間」2位自分だけに弱音、1位は

写真拡大

ただの男友達だったのに、いつの間にか“恋愛感情”が芽生えていた……なんて経験はありませんか? しかし相手から“ただの女友達”としてしか見られていない場合、彼女に昇格するのは至難の技。

では、相手にも恋愛対象として見てもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで今回『VenusTap』では、男性500名に「女友達から突然恋愛対象に昇格してしまう(と思う)女友達の行動は?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。

男友達に恋をしている女性必見、気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■女友達から恋愛対象に昇格する女性1位は……「自分に懐いている」!

1位・・・グループでいるときでも常に隣に座るなど自分に懐いている(21.6%)

2位・・・自分だけに弱音を見せてきた(20.8%)

3位・・・料理が上手いなど家庭的な部分が見えた(19.2%)

4位・・・元気がないときに「どうしたの?」と心底心配してくれた(18.0%)

5位・・・至近距離で顔を近づけてきた(16.8%)

堂々の1位には「自分に懐いている」が選ばれました。

グループでいるのに常に自分の隣に座ってきたり、「2次会、行く? ○○が行くなら私も行こうかな」と言ってついて来たり……。他の男性よりも自分に懐いている女友達は、恋愛対象として“気になる存在”になりやすいようです。

男性は頼られたい生き物でもありますし、本能的に「この子は自分がいないとダメなのかも」と守ってあげたくなるのかもしれませんね。

夏は海やBBQなど、友達同士で出かけることも多いでしょう。中に意中の男友達がいるなら、常に彼の近くをキープして“懐いているアピール”をしてみてはいかがでしょうか?

■皆の前でなく“自分の前でだけ”見せる弱音にドキッ!

2位には「自分だけに弱音を見せてきた」がランクイン。

仕事や友人関係など、上手くいかない状況が続いたとき、頑張り屋の女性ほど自分ひとりで溜め込んでしまいがち。

しかし男性は、そんな女友達から自分にだけポロッと弱音を見せられると、恋愛モードが発動するよう。「守ってあげたい」という男性の本能をくすぐられるだけでなく、「自分を信用して、弱いところを見せてくれた」ことで特別感が生まれ、距離が近くなったように感じるのかもしれません。

意中の男友達がいる女性は、つらいときに彼にだけ弱音を見せてみましょう。ただし、愚痴や悪口などをネチネチ言うような陰気な弱音の吐き方はNGです。

■見たことのない家庭的な一面にトキめく!

3位には「料理が上手いなど家庭的な部分がみえた」が入りました。

女性の場合も、男友達が恋愛対象になる理由が、「男らしい部分が見えた」、「頼り甲斐があると感じた」など、それまでのイメージと違った“男”の一面が見えたときであることも多いですよね。それは男性も一緒のよう。

特に、料理が上手だったり、家の整理整頓が行き届いていたりすると、女性の“家庭的な一面”にトキめいてしまうようです。

今年の夏は、あなたの家で友人とホームパーティーを開き、小ギレイな部屋と自慢の手料理で意中の男友達のハートをつかみましょう。

以上、「女友達から突然恋愛対象に昇格してしまう(と思う)女友達の行動ランキング」をご紹介しました。

ランクインした行動を参考にすれば、今年の夏こそ女友達から彼女に昇格できるかもしれませんね!?