「素直でいい子」の彼女は二重人格。別れた後も定期的に自宅近辺に現れる彼女が仕掛けていた驚愕の罠とは

写真拡大

 現在、ハリウッド俳優のジョニー・デップさんの離婚騒動が大きな注目を集めています。妻のアンバー・ハートさんが、裁判所に「DVに遭っている」と訴え、離婚を申し立てているのですが、一部にはDVはでっち上げではないかとの疑惑が報じられています。それがまた、人々の興味に火を着けているとも言われています。

 離婚相談の現場でも、もともとは加害者が女性、被害者が男性だった事件だったのが、途中から加害者が男性、被害者が女性へすり替わってしまうケースは、後を絶ちません。「男=強者」「女=弱者」という先入観があるからでしょうか。過去にどんな経緯があろうと、女性が「DVの被害に遭った」と言えば、男性のほうが分が悪くなる。そういう面は実際にあります。

祖母の介護スタッフの彼女に惹かれ交際
「素直でいい子」だった彼女の素顔

 もし、男性が殴りかかり蹴りあげ突き飛ばすよう“仕向ける”ような悪女がいるとしたら……。DVのでっちあげによる冤罪は防ぎようがありません。今回紹介する橋本哲也さん(37歳、会社員)もその1人です。

「感情のもつれが原因でトラブってしまい、マジで困っています。彼女とは今すぐ別れたいのに、なかなか別れられなくて……。一度付き合ったら結婚しなくちゃいけないなんて、あんまりです。俺にだって、きちんと身を固めるまでは結婚相手を選ぶ権利はあるんです。だって俺にとって今の彼女は負担以外の何物でもないので……」

 東京(新橋)の出張相談で哲也さんに会ったのは2年前の夏。場所は予約制の喫茶店。言いたいことを何のためらいもなく、ずけずけと言う哲也さん。他の利用客の人目もはばからず、ずいぶん過激なことをおっしゃいます。

 哲也さんは途中で「彼女と結婚してはいけない」と我に返ったのですが、いくらなんでも気がつくのが遅すぎました。なぜなら、私が相談を受けたときには、その女性は完全に「猟奇的な彼女」に変貌していたのです。哲也さんは当時、結婚したがっている彼女に追いかけ回されていました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)