青島聯合通用航空産業発展有限責任公司、中国航空器材集団、エアバス・ヘリコプターズ・グループは北京で13日、青島中独生態園でのH135型ヘリコプター最終組立工場の設立をめぐる枠組み契約を取り交わした。写真はエアバスのヘリコプター。

写真拡大

青島聯合通用航空産業発展有限責任公司、中国航空器材集団、エアバス・ヘリコプターズ・グループは北京で13日、青島中独生態園でのH135型ヘリコプター最終組立工場の設立をめぐる枠組み契約を取り交わした。これは、エアバス・ヘリコプターズがヨーロッパ以外の地に建設する初のH135型ヘリコプター最終組立生産ラインとなり、エアバス製ヘリコプターの「中国最終組立」が実現する。人民日報海外版が伝えた。

○2018年操業開始の計画

契約によると、この最終組立工場は、エアバス・ヘリコプターズのドイツ基準に厳格にのっとり、投資・建設が進められる。2018年に操業開始の予定で、年生産能力は36機。また、最終組立工場が建設される青島西海岸新区は、エアバス・ヘリコプターズにとって中国唯一の軽量ヘリコプター工業共同基地となる。

エアバス・ヘリコプターズのノルベルト・ドゥクロット中国担当総裁は、「エアバス・ヘリコプターズと中国の提携パートナーとのタイアップが順調に進んでいることは、まことに喜ばしい。中国における低空域の開放拡大と民間・公共サービス分野でのヘリコプター利用の持続的な発展に伴い、中国は今後数年間で、世界最大の民用ヘリコプター市場となり、20年後の中国市場では、600機の軽量双発ヘリコプターの需要が見込まれる」と述べた。

○だんだんと現れる産業結集の効果

ヘリコプター産業チェーンは、川上のヘリコプター研究開発・設計業、川中の完成機・部品製造業、川下の販売・メンテナンス・アフタサービス業、航空機運営・人材育成訓練・空港サービス、医療救護・保険などの業界で構成されている。エアバス・ヘリコプターズの最終組立工場が青島に建設されることで、それによるけん引・レバレッジ効果が顕著に現れると予想される。業界権威筋の見積もりによると、ヘリコプター製造業のレバレッジ比率は10倍に上る。最終組立プロジェクトは、ハイエンド装備製造業、航空運営産業、航空サービス業など各産業の企業を誘致することになり、産業チェーンの全体的な共同発展を実現、産業結集効果がだんだんと現れ、産業のアップグレード・合理化の促進が期待される。

推計によると、H135型ヘリコプター最終組立プロジェクトだけでも、今後十年間にわずか100台のヘリコプターを完成・販売すれば、12億元(約192億円)の税収が見込まれる。また、メンテナンスセンターやヘリコプター訓練センターなど産業チェーンにある企業の税収は100億元(約1600億円)を上回る見通し。このほか、青島にヘリコプター応用モデル都市を構築することは、青島の緊急救援サービス能力の強化に役立ち、医療救援、緊急救助、被災者救援、山林保護・山火事防止、警務による安全確保・犯罪防止など各分野での緊急対応力を高め、社会公共サービスシステムのアップグレードに有益に働く。(提供/人民網日本語版・編集/KM)