自然の中で一晩中名作映画を上映「夜空と交差する森の映画祭2016」開催!

写真拡大

10月8日(土)山梨県北杜市にある、白州・尾白の森名水公園「べるが」にて、日本初、オールナイト野外上映イベント「夜空と交差する森の映画祭2016」が開催される。

【自然の中で一晩中名作映画を上映「夜空と交差する森の映画祭2016」開催!の画像・動画をすべて見る】

本イベントは、長編映画と短編映画を複数の個性豊かなステージで上映。昨年の2回目の開催では、2300名以上を動員した。

「入場券」や「駐車券」「テントエリア利用券」などのチケットは、7月4日(月)の午前10時より発売される。

新たな野外映画フェスの形


森の映画祭


「夜空と交差する森の映画祭2016」は、森の中の映画鑑賞会。草木に囲まれ、風に揺らされる木の音を聴き、夜空に輝く星に照らされるなど、いつもちがう映画の楽しみ方ができる。

本日、公式ウェブサイトがリニューアルされ、ステージ情報やメインステージでフランスの人気映画『アメリ』など、上映作品ラインナップの第一弾が発表されたほか、個性豊かなステージ情報や、サブステージで上映される短編映画17作品が発表された。

その他の長編映画や短編映画については、随時公開されていくとのこと。

パワーアップした、夢うつつな世界観


森の映画祭_ステージ



本イベントは、ただ映画を流すだけではなく、それぞれのステージがそれぞれのコンセプトを持ち、映画のストーリーを五感すべてを使い、感じることのできる空間になっている。

長編映画や壇上企画が行われるメインステージは、夢が生まれる根源のような「ゆめがうまれる場所」という設定。

短編映画を上映するサブステージは3つに分かれており、「女性が休日に湯船に浸かりながらうとうとしてみた夢」がテーマの、可愛らしい作品が多く上映される「お風呂のすいへいせん」。

「元気な男の子が押し入れの秘密基地でうたた寝をしてみた夢」がテーマの、やんちゃな作品が中心の「ぼくの押し入れ

退廃した駅の世界観でホラーやサスペンスなどを上映する「疲れたサラリーマンが終電の頃電車で座ってみた夢」がテーマの「みしらぬ駅」というまさに夢うつつな演出に。

さらに、今回はステージのみならず、ステージ間の通路にも、音や光が散りばめられており、夢と現実が入り交じる世界観づくりが行われている。

森の映画祭_map



また、森の映画祭公式キャラクターをモチーフとしたワークショップが行われる「モリスマーケット」、フードコートが立ち並ぶ「ポップコーンベアーズキッチン」のエリアも夢の中のような空間になっている。

一晩中自然の中で上映される映画をみんなで観る体験はここだけのもの。チケットについては、例年早期のソールドアウトになっている。買い逃しのないように!