23日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国の日常生活の中で日本製品がいかに浸透しているかを指摘する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月23日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国の日常生活の中で日本製品がいかに浸透しているかを指摘する記事を掲載した。

記事では、日本製品と聞くと嫌悪感を示す中国人も少なくないものの、実際には日常生活の至る所で日本製の部品が使用されていると指摘。一例として、スマートフォンのカメラやタッチスクリーン、コンピューターのマザーボード、メモリーチップ、ソリッドステートドライブ、フラッシュメモリー、リチウム電池などを挙げ、ほとんどが日本メーカーの部品だと伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「愛国者は早くスマホを分解して部品を取り外さないと!」
「日本製品を使うと愛国心がないことの証明となるわけではないし、日本製品を使わないことが愛国心の証明となるわけでもない」

「グローバル化した現代では日本製品ボイコットの必要性などない。日本製品をボイコットしても日本の技術はボイコットできないのだ」
「もしも全面的な日本製品ボイコットをしたら、中国人の生活は20年後戻りするな」

「これらの部品は、中国には作る技術がないか、作れても日本製の品質には遠く及ばない」
「賢い人は黙って日本製品を使う。愚か者だけが中国製品を使って日本製品ボイコットを叫ぶ」

「本当のことを言えば中国はただの組み立て工場」
「科学技術の発展は日本に任せて、われわれは不動産を発展させよう」(翻訳・編集/山中)