ある科学者が幼少期の栄養不良が成人後のセルフコントロールに問題を及ぼすと指摘した。

写真拡大

ある科学者が幼少期の栄養不良が成人後のセルフコントロールに問題を及ぼすと指摘した。ロシアメディアの報道を引用し環球網が伝えた。

「International Journal of Environmental Research and Public Health」誌による研究発表によると、同研究参加者の37%は常に空腹状態で幼少期を過ごし、ひもじい思いをしており、成人後には自分の行動をうまくセルフコントロールできないことがわかった。

そのため、彼らはいつも殴り合いの喧嘩や他人との争いを起こしている。幼少期にひもじい思いをしなかった人のうち、情緒不安定やセルフコントロールに問題を抱えているのは15%しかない。

このことから研究者は、「正しい食事が人間の性格や心理状態の形成に直接影響を及ぼす」としている。(提供/人民網日本語版・編集/JK)