キハチに横浜美術館「メアリー・カサット展」の開催を記念した特別ランチが登場

写真拡大 (全3枚)

2016年6月25日(土)から9月11日(日)まで、横浜美術館では印象派を代表するアメリカの女性画家「メアリー・カサット展」を開催。この会期に合わせて、横浜美術館にほど近い「キハチ 横浜クイーンズイースト店」では、展覧会の開催を記念した特別ランチコースが登場するそう。

メニューは、展示作品のなかの『果実をとろうとする子ども』からインスピレーションを受けて作られたもの。

例えば、収穫した果実をイメージした「生ハムと果物のサラダ」は、シャンパンビネガーを使ったドレッシングで夏らしい爽やかな味わいに。メインとなる「小海老のペペロンチーノ」にはレモンの皮や果肉を使い、さっぱりとしたアクセントの効いた一品に仕上がっているとか。このほかに、モチモチとした食感が楽しめる自家製のフォカッチャも。

さらに、グラスワインやジンジャーエールなどが選べるワンドリンクサービスの特典があるから、私ならもう1杯飲みながら展覧会の図録をゆっくり眺めたいな。
◆展覧会チケットを持った人限定なので、午前中にゆっくり鑑賞を・・


この特別ランチは“展覧会チケットを持った人限定”なので、10時から開催される展覧会を午前中にゆっくり鑑賞してから、おでかけを。

横浜美術館で開催される「メアリー・カサット展」では、本人の作品をはじめ、同時代に活躍した女性画家たちの作品など、合わせて約100点も展示されるそうなので、いろいろな女性作家の作品を見られるのが楽しみ。


素敵な美術展を観た後で、余韻に浸りながら作品にちなんだ特別ランチをいただく休日。そんな優雅な時間を過ごすためなら、いつもはのんびり二度寝する休日も、ちょっと早起きできそう。

画像:《果実をとろうとする子ども》1893年、ヴァージニア美術館蔵
Virginia Museum of Fine Arts, Richmond. Gift of Ivor and Anne Massey. 75.18
Photo: Travis Fullerton c Virginia Museum of Fine Arts