福建―沖縄友好交流シンポジウムが21日、福建師範大学で開かれた。ウチナー民間大使の東浜永松氏が福建を訪れ、福建師範大学外国語学院の教員・生徒と友好交流した。

写真拡大

福建―沖縄友好交流シンポジウムが21日、福建師範大学で開かれた。ウチナー民間大使の東浜永松氏が福建を訪れ、福建師範大学外国語学院の教員・生徒と友好交流した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

東浜氏が同校に寄贈した沖縄の桜5株は、キャンパス内で力強く成長している。東浜氏は同日、興味深そうにこの桜を目にし、栽培方法について話し合った。沖縄県那覇市と福建省福州市は1981年5月に友好都市になった。両都市間の交流は30年以上に渡り続けられ、理解と友好を促進している。

東浜氏は同校外国語学院日本語学科の生徒と座談会を開いた。東浜氏の働きかけと協力により、日本語学科の卒業生の多くが今、沖縄で就職している。沖縄はかつて「琉球」と呼ばれ、福建省と親密に交流してきた歴史がある。(提供/人民網日本語版・編集YF)