夏までにまだ間に合う!? 痩せたいなら「豆乳を飲むべき」理由4つ

写真拡大

ダイエットはしたいけど食事制限は嫌だという働き女子の皆さん、その気持ち良くわかります。

無理な食事制限はお肌に悪いし、空腹だとイライラして仕事にも集中できません。週末をジム通いに当てるとデートやプライベートの時間を削ることになってストレス発散やリフレッシュができませんよね。

いくら、スリムな体型を手に入れるという明確な目的があっても、無理なことは長続きしないものです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外情報サイト『the Asianparent』を参考に、痩せたい働き女子は“豆乳”を飲むべき理由4つをご紹介します。

■1:基礎代謝を上げる

豆乳に含まれる良質なタンパク質は筋肉を作る原料となり、基礎代謝を上げてくれます。

基礎代謝とは”運動をしていない時のカロリー消費量”のことです。基礎代謝が上がるということは痩せやすい体になるということなので、無理なくダイエットができるのです。

まずは、ランチ後のカフェラテをソイラテにするところから始めてみてはどうでしょうか?

■2:生理前の過食を防ぐ

豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。ご存じの通り、これは女性ホルモンに置き換えられる栄養素です。

生理前に食べ過ぎてしまう人はこの女性ホルモンの分泌量が少ない可能性があります。そういう人は豆乳を飲むことで、生理前でも効果的にダイエットをすることができますよ。

もちろん、女性ホルモンが増えると美肌効果もありますので、豆乳は女性にとって、頼もしい飲み物なのです。

■3:満腹感を得られる

豆乳に含まれる大豆サポニンは小腸に作用して、脂肪や糖質の吸収を抑制する働きがあります。また、腸に長くとどまるので満腹感が長続きして、意外にも空腹感を紛らわすことができるのです。

また、この大豆サポニンは便を柔らかくして排出しやすくする働きもあるので、豆乳を飲むことで効果的に体重を減らすことができます。

■4:必須脂肪酸が摂れる

豆乳は、体内では作ることのできないオメガ3系脂肪酸(必須脂肪酸)の貴重な供給源でもあります。

このことにより、血中コレステロールを下げて動脈硬化や心筋梗塞を防ぐことができ、また中性脂肪を減らすこともできるそう。

豆乳を飲むことで、ダイエット中でに不足しがちな栄養素をきちんと補うことができ、健康的に痩せることができるのです。

以上、痩せたい働き女子は“豆乳を飲むべき”理由4つをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

豆乳は癖があって飲みにくいという人もいると思いますが、最近はかなり工夫されており、飲みやすいものが増えています。

果物の自然な甘味と一緒に飲んだり、料理に使うなどして取り入れてみてください。夏までに痩せたいという人は、一食を豆乳に置き換えるダイエットもいいと思います。忙しい働き女子の皆さん、さっそく始めてみましょう。