今スグやめて!みるみる「抜け毛が増える」NGヘアケア法3つ

写真拡大

仕事や人間関係など、ストレス社会で生きる負担が頭皮や髪に現れて、悩みに感じている女性は少なくありません。特に、女性の抜け毛は頭頂部や側頭部から始まる人もいて、ある日突然気づくことが多いのが特徴です。

また、男性の抜け毛の原因と比べて女性の抜け毛・薄毛はひとつに特定するのが難しく、その原因の多くは生活習慣にあるといわれています。

そこで今回は美容師の筆者が、ついやりがちだけど抜け毛を増やしてしまうNG習慣についてお伝えします。

■今すぐやめて!抜け毛を増やすNG習慣3つ

(1)睡眠不足

睡眠不足は美容の敵、髪の毛にも悪影響を及ぼします。健康でコシのある髪は夜眠っている時につくられるため、夜更かしの習慣がある方は要注意! 特に22時〜2時のゴールデンタイムは寝るように心がけましょう。

(2)間違った頭皮マッサージ

頭皮の血行をよくするためにやっている頭皮マッサージ。しかし間違ったやり方をすると、逆効果になってしまいます。特にNGなマッサージ法としては“強くしすぎる”ことです。

例えばマッサージブラシを使用する場合に、思いっきり力を入れて強く頭皮をマッサージする方もいますが、それでは頭皮が傷ついてしまいます。指で行う場合も同様ですが、優しく小刻みに動かしながらマッサージするのが大切です。

(3)シャンプーのしすぎ

汗をかく時期は、シャンプーの回数が増えがちですよね。しかし頭の洗いすぎは必要な皮脂までとってしまい、頭皮の乾燥を招きます。頭皮が乾燥すると、それを補うためにさらに皮脂が分泌されるので、毛穴が塞がることに繋がってしまいます。

また、過剰に皮脂が分泌されると「頭がベトベトする」と感じ、さらに洗髪を行うことによって、頭皮が乾燥して皮脂が増えるという悪循環に陥りがちです。シャンプーは1日1回で、夜行うのをオススメします。

■正しい頭皮マッサージの仕方

(1)両手の指の腹を使い、生え際から頭頂部に向かって、円を描くようにマッサージしていきます。頭皮に硬さが残るようなら、柔らかくなるまでゆっくりと丁寧に行ってください。

(2)耳の上、こめかみ辺りを指の腹で軽く押しながら、円を描くように頭頂部に向かってマッサージします。

(3)百会のツボを押します。百会は両耳に親指を入れて頭全体を手で包んだ時に、両手の中指同士がくっつくところで、頭の中央部です。ここを5回ほど押すようにしてください。百会のツボは薄毛・抜け毛対策に効果があるといわれています。

頭皮が老化すると顔の老化にも繋がりますし、頭皮の環境が悪化すれば美しい髪の毛は作られません。髪の毛だって肌と同じくエイジングケアが必要です。こまめにケアを行い、いつまでも若々しさをキープしていきましょう。

【筆者概略】

小泉順一朗・・・ 美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で『川田美容室』を設立。お客様が楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、HP・ブログ・LINE@などでも日々のケアなどを発信。アフターフォーローにも務めている。

【画像】

※ Nina Buday / Shutterstock