24日、華西都市報によると、四川省資陽市のある幼稚園の前で、5人の園児が園長の娘を称賛するプラカードを持って立っている姿が人々の注目を集めた。

写真拡大

2016年6月24日、華西都市報によると、四川省資陽市のある幼稚園の前で、5人の園児が園長の娘を称賛するプラカードを持って立っている姿が人々の注目を集めた。

【その他の写真】

目撃者によると、園児が立っていたのは23日午後。プラカードには「おめでとうございます」「大学入試630点」「合格ライン98点超え」「私たちは彼女を見習いたいです」などと書かれており、園児たちの後ろの横断幕や脇に置かれた黒板にも同様の内容が書かれていた。

園長は園児にプラカードを持たせたことを認めた上で、「良い子を選びました。父兄にも納得していただいています」とした上で、「園児たちに娘の勉強への精神を見習ってほしかっただけ。娘は一人で暮らしていて、誰も面倒を見てくれない状況で、努力して高得点を取りました。娘の努力を園児たちにも学んでほしい」と話した。その後、園長はさらに「立たせたのは少しの間。主に降園時間で、幼稚園の宣伝をしてもらっただけ」と説明した。

この報道に中国のネットユーザーからは、「こんな幼稚園に子どもを入れちゃ駄目だ」「子どもたちは大学入試なんてわからないのに」「こんなに暑いのに、子どもたちがかわいそうだ」「自分の娘が炎天下でプラカード持たせられたらどう思うんだ!?」「ムカつく。納得する親も親だ」「ははは。権力があれば何でもできる」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/北田)