撮影:熊谷仁男

写真拡大

映画『謝罪の王様』(13)、ドラマ「あまちゃん」(13)、「ゆとりですがなにか」(16)などで知られる、人気脚本家・宮藤官九郎の最新監督作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』。

映画『TOO YOUNG TO DIE!』 神木隆之介の写真をさらに見る

本作は修学旅行中の事故で死亡し、地獄に堕ちてしまった普通の高校生・大助が、地獄のロックバンドを率いる赤鬼のキラーKらと大騒動を巻き起こしながら、現世に転生するために奔走する抱腹絶倒コメディ。

キラーK役の主演・長瀬智也(TOKIO)を始め、桐谷健太、清野菜名、皆川猿時、シシド・カフカらが鬼になりきったこの話題作で、『るろうに剣心』(12〜14)、『バクマン。』(15)などの神木隆之介が、ファーストキスもしないまま死んでしまうチャラい高校生・大助をコミカルに快演!

壮絶&荒唐無稽な“地獄めぐり”を体感した彼が、撮影中の“地獄”から自身が思う正しい“高校生”のあり方、死ぬまでに絶対やっておきたいことなどを楽しく語ってくれました。

神木竜之介の高校時代は?

――大助は高校三年生ですが、高校生になるためにどんな役作りをしましたか?

「全然意識していないです。心がまだ高校生で止まっていて、全然抜けられていないと思っているので、高校生の役がいつ来ても高校生のノリができます(笑)。

それは僕が学生時代をすごく楽しむことができたからだと思いますが、まったく抵抗なく、すぐに戻れます。

25、6歳になったら違う想いが出てくると思いますが、いまは制服を着た自分を見て高校生だな〜と思えるし、“高校生の役です”と言われても“もう無理!”とは全然思わないです」

――演じているときに、高校時代のことを思い出しますか?

「思い出します。くだらないことばかりやっていたので(笑)。

つまらなそうに過ごしている人を見て、何か面白いことができないかな?というところから始まって、くだらないことをいろいろやり始めたのですが、自分自身すごく楽しんでいたので高校時代は自信を持って“楽しかった”と言えます。おそらく一生忘れないです」

――高校時代に戻りたいと思うことは?

「たまにあります。高校三年生のときは早く卒業したかったし、高校生活を楽しんだからもういいやと思っていたのですが、少女漫画を読むと戻りたくなります(笑)。

制服を懐かしく思う年齢になったんだとしみじみ感じます」

――最近、いろいろな制服の着方がありますよね。 韓国が発祥の、制服の上にパーカーを着る“オルチャン”とか……。

「僕は普通でした。腰パンが似合わないので、今回演じた大助と全然変わらないです」

――逆に、女子がどんな制服を着ていたら、どんな着方をしていたらキュンとします?

「普通に着ているのがいいと思います。卒業すると制服自体がいいなと思う23歳なので、似合っていればいいです(笑)」

――大助は高三で亡くなって、たくさんの未練を残しますが、神木さんの10代はいかがでしたか?

「10代はですね……まず高校二年生までは進路のことは何も考えなくていいと思っていました。大学に入るために勉強することよりも、学生時代は友だちとの時間を楽しんで、楽しいと思えることを率先してやることが大事。

学校を卒業してから20歳までの2年間で、ゆっくり将来について考えようと思っていました。

でも、その分全力でしたし、3年前まではまだ10代でしたが、10代は爆発的な勢いやパワーを持っているので、楽しいと思うことを絶対にやった方がいいと思います。

いろんなことを試した方がいいし、できれば、いろいろなことに興味を持った方がいい。それが僕の考える10代です。

僕は高校を卒業したときに、俳優の仕事で食べていくんだと思い、20歳になったときに大人としてますますその決意を固めたけれど、10代のうちは準備期間なので思い切り楽しんで、卒業後の2年間で何をするのか覚悟を決めればいいと思います」

――先ほど制服の着方は「大助と全然変わらない」と言われましたが、似ているところはほかにもありますか?

「僕も少し適当というか、楽観的なところがあるんです(笑)。

大助は地獄を楽しんでいるけれど、僕もそういうところがあるし、人がボケたら突っ込む感じも似ている。

それに、大助はモテたくていろいろ努力するけれど、努力していたことがけっこう一緒で(笑)。僕も前髪にピンをつけたらモテるのかな? と思ってやっていたことがあるし。あそこはアドリブですが、僕も決してテンションは低くはないです」

――ツッコミ側なんですね。

「どちらかと言うと、ツッコミ側です。

でも、ボケて突っ込むことも多くて。周りにボケる人がいたら突っ込むし、そのような人がいなかったらボケていました」

――大助と似ていることによって、演じるのが難しいところもありましたか?

「大助は人をイラッとさせることができる天性の持ち主なので、今回は長瀬さんの演じたキラーKや桐谷健太さんが扮したCOZYなど、自分の周りにいる鬼たちを憎まれない程度にイラッとさせるのがいちばんのテーマだったんです。

でも、やり過ぎたら監督が止めてくれるので、思いっきり演じることができました。自分に近いキャラクターだったので、普段のテンションをさらに増していく感じでしたし、あまり難しくはなかったです」

今回の撮影でいちばん“地獄”だったのは?

――今回の撮影でいちばん大変だったことは?

「僕も大助と同じように人にいちいちツッコミを入れるテンションが高い人間なので、素に近い形で楽しく、のびのびと演じることができました。

ただ、地獄のシーンで拷問を受けているのは僕だけなんです(笑)。

吊られたり、落とされたり、凍ったり、転んだり……すべての拷問を受けなくてはいけなかったので、そこは大変でした」

――中でも、いちばん“地獄”だったことは?

「セットが変わらないことです(笑)。

最初はセットを見て“地獄、すごい!”と思っていたのですが、1ヶ月間ずっと“地獄”に通っていると、現実と地獄のどっちにいるんだろう? と思いましたし、本当に地獄にいるような気がしていました (笑)。

なので、外に出たときや、長瀬さんが差し入れを持ってきてくださったときは“天国”でした」

――“地獄”のセットで撮影しているときに“天国”を味わうことはなかったですか?

「ほかの役者の方々が自由にアドリブを入れてくださるのですが、そこは心が動く瞬間でもあるので、楽しかったです」

――これまでの仕事の中で、神木さんが役者として追い詰められた経験はあります?

「セリフを噛んだら追い詰められます。

特にドラマの『学校のカイダン』(15)のときは毎度毎度追い詰められていたし、セリフもすごく噛んでいました。

同じところで噛むかもしれないと思うとまた噛んでしまったり、言えなくなってしまい、どんどん追い詰められていくんです。電車が背後を通った後の長い芝居とか、芝居をするチャンスが一回しかないような状況になると、すごく追い詰められます(笑)」

――そうやって、何度も噛んじゃうようなときは、それをどう打破するんですか?

「ある意味、自分ひとりの勝負になってしまうので、折れかけるのですが、自分で自分に“大丈夫、大丈夫。次は絶対にできる”って言い聞かせて演じています」

――その追い詰められているときは、俳優にとっての“地獄”と捉えてもいいですか?

「そうですね。ある意味、地獄の中でひとりでどう立ち向かって生きていくのか?という感じはあると思います」

“天国”を感じる瞬間は?

――逆に、俳優業をやっていて“天国”を感じる瞬間はいつですか?

「現場の場合は無事に全編の撮影が終わったときや自分が苦手なシーンが上手くできたときですが、最終的には観てくださった人が“よかったよ”と言ってくれることが“天国”です。

どんな仕事でもそうだと思いますが、辛いことや大変なことを乗り越えたときは、“地獄”でもがいてよかったなと思う瞬間です」

「男子は必死です。常に必死!」

――大助は片想いをしているひろ美ちゃん(森川葵)に会うために頑張りますが、神木さんも好きな女の子のために頑張るタイプですか?

「男子は必死です。常に必死!」

――すべての女子にモテたいんですか?

「自分の高校生活を振り返っても、確かに“すごくモテたい”と言っていたし、少女漫画の女の子から憧れられている男子みたいになりたいと思っていました(笑)。

だけど、本当にモテる人って、絶対に“モテたい”と口にしないし、寡黙でオンリーウルフのような人物なんです。そうすればよかったです(笑)。

ある程度、みんなの輪から外れていれば、もしかしたら違う結果になっていたかもしれないです。

ただ、僕が“モテたい”と公言して、モテる努力をずっと見せていたのは、“オマエ、モテたい、モテたいって口にするもんじゃないよ!”ってツッコミを入れられながら、みんなが笑ってくれるのが嬉しかったからなのかと、いまになってすごく思います。

“オマエ、ダサいよ”と笑われている自分が嬉しかったんだと思います。友だちにそういう人がいても、僕はたぶん好きになります。

スカしている人より、自分の気持ちを正直に言って、頑張っている人の方が、最終的にはカッコいいなと思います。

なので大助を演じているときも、観た人が最初はダサいと思っていたのに、最後は少しカッコいいかもしれないと思っていただけたらいいなと思っていました。

自分の中のカッコいい人物は、けっこう大助に近いのかもしれないです」

――本作の中で、神木さんがモテるだろうなと思うキャラクターは誰ですか?

「キラーKはカッコいいし、男らしいですが、モテるのか?と言ったら難しいですね。

キラーKは可愛げがあって、お茶目なところもあるので僕はすごく好きです」

――やっぱり、お茶目なところに惹かれるんですね。

「鬼で背が高くて怖いけれど、すごく人間らしいところがあるんです。

宮藤官九郎さんの作品はどれも人間臭いというか、人間の心の嫌らしいところやズルいところが素直に描かれていますし、そこがすごくいいなと思います。

と同時に、登場人物が単純な理由で真っ直ぐにひとつのところに向かっていて、可愛げがあるし、憎めないところもある。そこがすごく人間らしいなと思うので、今回も台本を読んだときから心がすごく温かくなりました」

死ぬ前に絶対にやっておきたいことは?

――大助はひろ美ちゃんとキスもしていないのに死ねるか!って思いますけど、神木さんが死ぬ前に絶対にやっておきたいことは?

「もし、いまこの瞬間に“地獄に堕ちる”と言われたら、自分の部屋に掃除機をかけたいと思います。

汚くはないのですが、ちらかっているものを片付けたいなと思っているので、それが心残りになるのはイヤです」

――こういう役をまだやっていないから死ねない、みたいな演技に関わる部分では?

「社会人……会社員の役を演じてみたいです。

就活をする役や工場で働く役は演じたことがあるのですが、社会人2年目のような役は演じたことがないので、宮藤さんからそのような役をいただけないかな(笑)。

後輩には調子にのって暴言を吐くのですが、上司の前ではヘコヘコしている少しズルい社会人の役で、コメディを演じてみたいなってすごく思います」

――体験していないことで、これだけは絶対に体験しておきたいことは?

「いつか主演男優賞を取ってみたいです。俳優としての夢です。

特に“主演”という名目がつく賞を取るのが夢です」

――仕事以外では?

「スカイダイビングをやってみたいです。

高いところは怖いけれど、なかなかできないことなので。そう思うと、いろいろ出てきます。

ハワイの山の上で星を見てみたいというのもあるし、でも、どうせ地獄に堕ちるなら、なかなかやれないことをしたいです。心が大きくなりそうです(笑)」

――これまでの仕事の中で、いちばん“地獄”だったことはなんですか?

「僕、寒いのが本当に苦手なのですが、冬に夏の設定の撮影をするときは“地獄”だと思います。

ずっと寒がりなのですが、特に小学生のころは短パンに半袖にならなければいけなかったし、それが本当に“地獄”でした。震えるからセリフも言えないし、まともにお芝居ができなくなってくるんです。

最近も、入江悠監督の『太陽』(16)を真冬の秩父でロケをしたときに、あまりにも寒すぎたので、ガタガタと震えながら芝居をしていて、あれは本当に“地獄”でした。

それだけに、暖房のついた部屋に入ったり、スタッフさんがお湯をもってきてくださったときは“天国”だなと思いました。熱いのはいいのですが、寒いのが少し苦手なので、そこだけはダメです」

――お芝居で過酷だな〜と思うことは?

「あんまり過酷だと思うことはないです。逆に“やってやろう!”って思います。

それこそ『るろうに剣心』のときは、大友啓史監督の“よーい、はい”という声でいきなり始まってしまう現場で、壮絶な役でもあったのですが、それでも“やってやろう!”と思いました。

今回も“人が思いつかないようなことをやりたいな、やってやろう!”という気持ちでしたし、芝居に関してはすごく燃えるので、やはり好きなんでしょうね」

生まれ変わっても、また俳優になりたい?

――今回の映画には死者が蘇るエピソードも出てきますが、神木さんはそういうスピリチュアル的なことは信じる方ですか?

「信じます。靴下をいつもは右から履くのに、左から履いてしまったときに気持ち悪いなと思ったり、そういう小さな験担ぎのようなことも信じます。

僕は右利きなのですが、いつも左から履かないと気持ちが悪くて。風水なども信じる方で、“玄関にコレを置くと運気が上がるらしいよ”と聞くと、置いてみようと思います」

――最後の質問です。生まれ変わっても、また俳優になりたいですか?

「なりたくないです!(きっぱり)僕は、次は物理学者になってノーベル賞を取りたい。

バイオリンが弾けて、ピアノも弾けて、モテる物理学者に絶対になります。福山雅治さんの『ガリレオ』(07〜13)みたいですけどね(笑)」

劇中では、キラーK役の長瀬智也とのボケとツッコミのトーク合戦で観る者の笑いを誘い、猛特訓したギタープレイも炸裂させる神木隆之介さん。

そんな彼の演技力、身体能力、魅力が全開した『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』で、あなたも最高に楽しい“地獄”を体験してみてください。