チャンレジで培った攻めの気持ちで戦う浅地(撮影:ALBA)

写真拡大

<ISPSハンダグローバルカップ 2日目◇24日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>
 国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』の2日目。14位タイから出た浅地洋佑が5バーディ・2ボギーの“68”をマーク。スコアを3つ伸ばし、トータル7アンダー8位タイに浮上した。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 「今週に入ってからアイアンが良かったです」と切れのよいショットでチャンスを量産した浅地。12番までバーディ2つ、ボギー2つとイーブンで回ると、13番パー5では3打目を20センチ、14番では2メートル、15番では1メートルにつけ、3連続バーディを奪取。「あと3〜4回チャンスがあった」と少々悔いが残るほどで、首位と3打差と好位置につけ大会を折り返した。
 心がけたのは攻めのゴルフ。主戦場としていた2部のチャンレンジツアーは2、3日間の短期決戦。「みんなバーディを狙いにくる。守りのゴルフをすると、予選落ちしてしまうので“何ビビッてるんだ!”と攻める気持ちでやっていました」。強気の姿勢はレギュラーツアーでも維持している。
 昨年のチャンレンジ賞金ランク6位で今季前半戦の出場権を獲得。7月の『ダンロップ・スリクソン福島オープン』の後にあるリランキングまでに、1円でも多く稼ぎたいところ。2013年以来となるシード権を目指し「だいたい7〜800万円を前半の目標にしている」という。
 中学2年生時の07年にマンデーを突破し『東海クラシック』に初出場、翌年には『日本ジュニア』を制し、高校2年生時の『ダイヤモンドカップ』で9位に入るなど輝かしい成績を引っさげてプロ転向。チャレンジでは11年に19歳14日で優勝し、当時の最年少記録を樹立したが、レギュラーツアーでは思うような成績が残せていない。
 「あと2日間も攻める気持ちでやりたいです」。明日の午前中は雨の予報。グリーンは柔らかくボールもさらに止めやすくなるだろう。ピンをデッドに攻め、1つでも多くバーディを奪い、伸ばし合いを制していく。
【2日目の順位】
1位T:E・グリッロ(-10)
1位T:朴相賢(-10)
3位T:朴ジュンウォン(-9)
3位T:T・クロンパ(-9)
5位T:G・グリーン(-8)
5位T:文景俊(-8)
5位T:M・ヘンドリー(-8)
8位T:池田勇太(-7)ら9名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ギアコラム】太くする=機能を持たせやすい!? 極太グリップは個性の見極めが重要