<ISPSハンダグローバルカップ 2日目◇24日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>
 国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』2日目の競技が終了。E・グリッロ(アルゼンチン)と朴相賢(韓国)がトータル10アンダーまでスコアを伸ばし、首位で並んだ。
【関連】今季米ツアーで“ルーキー”優勝!カップを掲げるグリッロ
 1打差の2位タイには朴ジュンウォン(韓国)とT・クロンパ(タイ)、2打差の5位タイにはG・グリーン(マレーシア)、M・ヘンドリー(ニュージーランド)、文景俊(韓国)。3打差・7アンダーには池田勇太、宮本勝昌、P・ハリントン(アイルランド)、C・シュワーツェル(南アフリカ)ら9名が並んでいる。
 また初日2オーバー・119位と出遅れた前年度覇者の武藤俊憲は“65”をマークし、トータル4アンダー・27位タイに浮上している。
【2日目の順位】
1位T:E・グリッロ(-10)
1位T:朴相賢(-10)
3位T:朴ジュンウォン(-9)
3位T:T・クロンパ(-9)
5位T:G・グリーン(-8)
5位T:文景俊(-8)
5位T:M・ヘンドリー(-8)
8位T:池田勇太(-7)ら9名
<ゴルフ情報ALBA.Net>