歴史に残る結果を残した2016年のル・マン。やっぱり24時間走り続けて1番になることの難しさを改めて思い知らされてくれた気がします。

1

それでも、なぜトヨタのTS050 HYBRID #5号車はストップしたのか? 最後までキッチリと走ることができなかったのか? 釈然としない疑問は残ります。

それについて、トヨタは以下のように発表しました。

ル・マン24時間レースの最終盤、TS050 HYBRID #5号車を襲ったトラブルは、ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合によるもので、これにより、ターボチャージャーの制御が失われた。

まず、ドライバーの中嶋一貴選手が車内で「ノーパワー」と叫んでいた原因は、ターボチャージャーで圧縮した空気を(インタークーラーを通って)エンジンに送り込まれなくなったことだったようです。

一般的なNAエンジン(NA=ノーマルアスピレーションのエンジン)は、大気圧の酸素を含む空気をエンジンが吸うことでガソリンを燃焼させ出力を得ます。この燃焼を効率よくするためにエンジンは空気を圧縮させる工程を経ているのです。

この効率をよくするためには圧縮をたくさんすればいいんですが、上げ過ぎると異常な燃焼、思ったタイミングで燃えないなどの不具合起こしてしまうため上限があります。そのため、吸った空気をどれくらい圧縮するか、つまり圧縮比がある程度に設定されるわけです。

そのほかにパワーをたくさん出すためには、吸い込める空気量を多くするため「排気量」を増やしてあげ、たくさんのガソリンを燃やすことで可能です。けれど、それでは大きく重くなったりして、逆に効率は悪くなることもあります。

そこで、同じ排気量のエンジンに大気圧よりも高く圧縮した酸素(空気)を送りこんでも排気量を増やすのと同じ原理でたくさんのガソリンを燃やすことができます。

これがターボチャージャーで空気を圧縮してパワーを出す原理です。

しかし、ターボチャージャーでいくらでも高い圧力にして空気を送り込めるかというと、先ほど述べた異常な燃焼が起きるため限界があります。

そこで、ターボエンジンは圧縮比を下げるのが普通です。

今回のケースはターボによる圧縮空気がインタークーラーへ送り込まれなくなったことで、本来ターボ向きとなっているエンジンは同じ排気量のNAエンジンよりパワーが出ないエンジンとなってしまい、とても遅いクルマになってしまった、ということでしょう。

では、なぜ走り続けなかったのか? 遅くなっただけなら、止まらなくたっていいんじゃなかったのか?という疑問もわきます。

不具合発生時、原因が特定されていない段階で、低下したエンジン出力を回復させるべく制御系の設定変更が試みられた。結果的には#5号車はファイナルラップを走り切ることが出来る状態となったものの、その対応には時間がかかり、規定されている6分以内にファイナルラップを終えることが出来なかった。

「制御系の設定変更が試みられた」のが、中嶋選手がピットの目の前で5号車を止めたことだと思われます。クルマが停まってしまったのではなく、遅くなったので止めたのです。ターボからの圧縮した空気がエンジンに入って行ってないくらいがわかっていたことかも知れません。そこでエンジン制御系をすべてストップさせ、設定を見直してリスタートさせようとした。ただ、ピットインしていては1分30秒くらい後ろから迫るポルシェ2号車に抜かれるのは確実。そうすると絶対使命である優勝はその時点でなくなるも同然。そのためにピットからも見えるコース上ストレートにクルマを止めたのでしょう。

恐らく、それでも「吸気ダクト回りの不具合」という機械的なトラブル(恐らくパイプが抜けたとか壊れたとか)が直るはずなく、パワーが出ないまま走り出した。もう一度、数百メートル走ってからリスタートしたものの、状況は変わらなかった。

結果、そのまま1周したものの規定の6分以内に帰ってこられませんでした。ということでしょう。

「たら・れば」で考えると、ゴールラインの手前で止まっていれば、あと1周が数メートルとすることもできたことで2位なったかもしれません。しかし、ピットの目の前で止まっていればより状況もわかるかも知れないと考えれば選択肢としてナシです。2位じゃダメなんです。実際、2位は6号車が取ることができたのです。

あのまま走っていても恐らく2位になったでしょうからその選択肢もナシですね。

さらに以下のような発表も付け加えています。

このトラブルの真因については現在ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社(TMG)にて詳細を調査中。
尚、今回の原因が、第2戦スパ6時間レースでのエンジントラブルとは無関係であることは明らかとなっている。
今後、同様のトラブルの再発防止のため、TMGで徹底的な原因究明調査を進めている。

24時間戦って買ったポルシェにはやはりそれなりの歴史と経験があったと言わざるを得ません。そこに2位にしかなれないトヨタとの違いと厳しく言えばその通りでしょう。

しかし、今回の経験がきっとトヨタを強くするはずです。そして、来年のル・マンでは24時間後に今度は嬉しい涙を流すに違いないでしょう。

(clicccar編集長 小林 和久)

【関連特集】
クリッカール・マン特集

 

2016年ル・マンでトップのトヨタ5号車がゴール3分前で止まった原因をわかりやすく解説(http://clicccar.com/2016/06/24/381437/)