「しまじろうコンサート」盛り上がるのはなぜ? 子どもも親も楽しめる理由

写真拡大

子どもはみんな歌とダンスが大好き。

【写真】赤ちゃん&ママへの配慮も充実! 『しまじろうコンサート』の様子

テレビの前で歌ったり踊ったりしている我が子を見ると、ぜひ本物の歌や踊りにふれてほしいと思います。

……しかし、大勢の人がいるコンサートへ行くのはハードルが高い。ましてや、ベビーカーやだっこが必要な小さな子を抱えている親にとっては、コンサートに行くことはとても勇気が必要です。

そんなお父さんやお母さんのお悩みに応えてくれるコンサートが、毎年夏と冬に開催されているベネッセの『しまじろうコンサート』です。

通信教材『こどもちゃれんじ』でおなじみの“しまじろう”とその仲間たちが、楽しい歌と踊りを繰り広げるコンサート。
その対象は、0才から6才までの小さな子どもたちです。

『しまじろうコンサート』は、“参加型”だから楽しい!

今年の夏の『しまじろうコンサート たいようのしまのカーニバル』は、冒険がテーマ。

南の島を舞台に、元気いっぱいのしまじろうと仲間たちが、歌や踊りをまじえて、新しい冒険にチャレンジします。

子どもの気持ちによりそったストーリー展開で、随所でしまじろうたちが、観客席に呼びかけをし、一緒に声をかけたり応援をしたりしながらお話が進んでいく“観客参加型”の舞台。

子どもたちは、だんだんと自分がしまじろうと一緒に冒険をしているような気持ちになっていきます。

子ども向けながら本格的なステージも見どころ

子ども向けといっても、舞台は本格的。
しまじろうとその仲間だけでなく、お姉さんやお兄さんも登場し、キレキレッのかっこいいダンスと素敵な歌を披露してくれます。場面ごとに変わる本格的な舞台セットも魅力のひとつ。

物語のストーリーは、子どもにもわかりやすく構成されており、しまじろうたちの冒険の中に、“勇気をもつこと”、“ひとを思いやる気持ち”などのメッセージが込められているのです。

しまじろうのコンサートというと、「しまじろうを知らないからちょっと……」とためらわれる人もいるかもしれません。
でも、誰でも知っている定番の歌がたくさん盛り込まれていて、どなたでも楽しく舞台を楽しめるようになっています。

我が家では、息子が3歳の時にこの『しまじろうコンサート』に出かけ、コンサートデビューを果たしました。同時にそれは、おじいちゃんの“孫とのコンサート”デビューでもありました。

会場を見てみると、お父さんやお母さんだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんの姿もちらほら。

授乳・ベビーカーOK、赤ちゃん連れでも安心の設備

『しまじろうコンサート』の特徴は舞台だけではありません。

会場には、おむつがえコーナーや授乳スペースはもちろん、入り口にベビーカー置き場を完備。

会場内では、スタッフが丁寧にサポートをしてくれるので、赤ちゃん連れでも安心してコンサートに参加することができます。

『しまじろうコンサート』は、赤ちゃんが泣いても心配なし!

また、コンサート開演中にも様々な工夫が凝らされています。

まず、開演中の照明は明るめで、暗がりを怖がる子どもたちも安心。

開演中に赤ちゃんが泣きだしても大丈夫!「お互いさま」の気持ちで子どもも親も楽しく過ごせる環境づくりが嬉しい。

舞台は2部構成で、間に休み時間があるので、トイレやおむつがえも余裕をもって行けます。

3歳未満はひざ上無料、初めてのコンサートにいかが?

舞台で披露される実際の歌と踊りを体験し、しまじろうたちと一緒に冒険ができるコンサート。

子どものためのコンサートだから、小さい子でも臆せずに参加できることができます。

また、3歳未満の小さなお子さまであれば、ひざ上で見るぶんには無料(大人1人につき、子ども1人まで)。お財布にやさしいところも、大きなポイントです!


この夏は、ぜひ『しまじろうコンサート』で、初めてのコンサート体験をしてみてはいかがでしょうか。

おじいちゃん、おばあちゃんを誘っていくのもおすすめ。あるいは、おじいちゃんやおばあちゃんから、孫へのプレゼントとして、初めてのコンサートのチケットを贈るのもよいかもしれません。

『しまじろうコンサート たいようのしまのカーニバル』ただいま全国で開催中。
公演情報などの詳細は、しまじろうコンサートのホームページ、またチケットの購入についてはチケットぴあ特設サイト等ご確認ください。

すでに一部の会場では、残席わずかのステージもあるので、お早めにチェックしてみてください!

この夏は、子どもと一緒のコンサートでご家族で思いっきり歌って踊ってみませんか?