地球には「月以外の衛星」があるのかもしれない:NASA発表から

写真拡大

NASAが新たな準惑星、「2016 HO3」を発見したと発表した。正式な衛星と呼ぶには地球からの距離が遠すぎるものの、今後数百年は地球の周りを回り続けると考えられている。

「月」は地球の唯一の衛星だという認識を、少し改めなくてはならないかもしれない。

「地球には「月以外の衛星」があるのかもしれない:NASA発表から」の写真・リンク付きの記事はこちら

米航空宇宙局(NASA)が、地球を周回しながら太陽を公転する新たな準衛星、「2016 HO3」を発見したと発表したのだ。

地球に、一時的に衛星のようにふるまう小惑星が存在することは、これまでの観測からも知られていた。しかし、それらは直径数メートルしかない微小天体であり、だいたい9〜10カ月の間に地球を3回ほど公転したあと、離れていってしまうものが大多数であるという。

2016年4月27日、ハワイのハレアカラ山にある「パンスターズ1(Pan-STARRS 1)」望遠鏡で発見された2016 HO3は、地球近傍小惑星のなかでも、極めて安定した軌道で地球を周回する天体だ。直径は推定40〜100m。地球の重力にとらわれてからこれまで100年ほど、地球の軌道近くで太陽のまわりを公転しながら、同時に地球のまわりを衛星のように周回してきた。

2016 HO3は、月の軌道の38〜100倍のあいだを、まるでダンスをするかのように、付かず離れず地球を周回している。NASAの計算によると、2016 HO3はこれから数百年は同パターンの軌道で地球を周回し続けるだろうとのことだ。

RELATED