バナナで転んでも起き上がる、Boston Dynamicsの「お手伝い4足ロボット」

写真拡大

Boston Dynamicsが、家庭用4足歩行ロボット「SpotMini」の動画を公開した。飲み物をとってくる、食器を洗うといったちょっとした家事をこなすことができる。

有名なロボットメーカーBoston Dynamicsが、最新ロボット「SpotMini」の動画を公開した。重量約25kgの4足歩行ロボットで、電気のみで動作する。

「バナナで転んでも起き上がる、Boston Dynamicsの「お手伝い4足ロボット」」の写真・リンク付きの記事はこちら

SpotMiniは、Boston Dynamicsがこれまで開発したロボットのなかで最も静かなロボットだ。同社のこれまでのロボットは、ガソリンエンジンや油圧制御システムを利用しており、バイクやチェーンソーのような音がするため、屋外でしか利用できなかった。例えば、大型の4足歩行ロボット「AlphaDog」(日本語版記事)は、米海兵隊が2015年に運搬用ロボットとしてテストを行ったが、戦場で利用するには音が大きすぎると判断された。

これに対して、SpotMiniは家の中で活動し、階段を上ったり、テーブルの下をくぐったりしている。さらに、キリンの首のように見えるアーム部分でさまざまな仕事をこなすことができる。飲み物をとってきたり、お皿を洗ったりしているのだ(といっても、お皿をシンクから食器洗い機まで運ぶだけだが)。

またBoston Dynamicsは、これまでの動画でもおなじみのように、このロボットに嫌がらせをした。ロボットの歩く先にバナナの皮を置いたのだ。ロボットはすべって転び、その金属製の体を固い木の床に激しく打ち付けてしまった。だが、SpotMiniは大丈夫だった。アームで自分の体を起こし、何事もなかったかのように再び歩き始めた(床が大丈夫だったかは不明である)。

YouTubeの動画の説明によると、SpotMiniは1回の充電で90分間歩行できるという。また、「一部の作業を自発的に行うことができるものの、多くの場合は人間の細かい指示が必要になる」そうだ。

RELATED

報道によればBoston Dynamicsは、親会社のAlphabetとの間で大きなトラブルを抱えているようだ。Boston Dynamicsは現在売りに出されている(日本語版記事)と報道されており、Alphabet傘下のロボット部門全体が危機にさらされているとみられている。

Boston Dynamicsは、「Android OS」の責任者だったアンディ・ルービンの下でグーグル(現Alphabet)によって買収されたロボット開発企業8社のひとつだ。買収の目的は、これらの企業を「レプリカント」と呼ばれるロボット部門の下で統合することだったが、ルービンが2014年10月にグーグルを去ったあと、レプリカントは分裂状態にあるようだ[本誌VOL.23にて、グーグルを離れたルービンが新たに立ち上げた会社・Playground Globalのストーリーを掲載]。

トヨタ自動車がBoston Dynamicsの買収を申し出ているとの報道もあるが、われわれの知る限り、Boston DynamicsはいまもまだAlphabetの傘下にある。

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.23は「GOOD COMPANY いい会社」 特集!

ちゃんと稼いで、ちゃんと社会の役に立つ「未来の会社」の姿を解き明かす「いい会社」特集。ビジネスデザイナー・濱口秀司をはじめ、Beats by Dr.Dreプレジデントや新井和宏(鎌倉投信)、椎野秀聰(ベスタクス創業者)らが、これからの会社のあるべきかたちを指し示す。世界で広まりつつある「B-Corp」のムーヴメントや、シャオミ総帥の語る「エコシステム」哲学、Android OSを生んだ男が目指す新たなビジネスを育むプラットフォームづくりを追う。そのほかにも、弁護士・水野祐が語る「21世紀の法律」特集をはじめ、川田十夢による新連載など、盛りだくさんでお届けする。