写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●AWS導入に際して立ちはだかった2つのハードル
AWSを活用するさまざまなソリューションや事例を紹介する「AWS Summit Tokyo 2016」が、2016年6月1日から3日にかけて開催された。同カンファレンスで、千趣会 情報システム部 システム管理チームの池本修幸氏が「SI(ベンダー)依存からの脱却 千趣会が取り組むクラウドジャーニー」と題した講演を行った。本稿では、その内容をお届けしよう。

○情報少ない中でベンダーに頼らないクラウド活用を決意

千趣会は大阪に本社を置く通信販売事業者で、主に女性向けのアパレル商品や雑貨などを扱うサービス「ベルメゾン」を展開している。冊子形状のカタログ通販からオンラインショッピングサイトを開設しての対応へと、1954年から事業を継続してきた企業だ。近年ではブライダル事業や保育園事業などにも展開している。

「われわれは現在、クラウドファーストを掲げ、社内のシステムをクラウド上で稼働させているほか、新たなシステムを構築する際はできる限りクラウドを利用するようにしています。しかし、クラウドファーストにいきなり切り替わったわけではなく、ゆっくりと歩を進めてきました」と池本氏は語る。

千趣会におけるクラウド利用は、2010年頃に始まったそうだ。最初は運用をアウトソーシングしているIBMのサービスを利用し、2011年にはメールサーバをGoogleAppsへ移行。その後も、社内システムは新規構築や保守切れ時にクラウドに乗り換えるという形をとり、2013年にはAWSの利用を開始してパブリッククラウドとプライベートクラウドを利用したハイブリッド環境を構築してきた。

「情報システム部には100名を超えるメンバーが在席していますが、約2割が社員で、他は協力会社からの常駐スタッフです。エンジニアはインフラ系と開発系で半々ですが、インフラ系は大半がアウトソース先のスタッフで、技術面ではアウトソース先に依存していました。そうした中でAWSを利用しようと考えると、多くのハードルがありました」と池本氏。

池本氏がハードルとして2点挙げた。1点目はAWSについて相談できる先がなかったということで、2012年当時は周辺も含めてAWSについて十分な知識を持っている人がいなかったという。もう1点目は、当時付き合いのあるベンダーもAWSの情報をあまり持っておらず、導入経験もなかったことだ。

こうしたハードルを乗り越えるために選択したのは、ベンダーに頼らない導入だった。まず、WebサイトからAWSに相談を行い、サービス概要を確認。加えて、有償トレーニング「Amazon Web Services 実践入門1」を受講して基礎を習得した後、Webサイトの情報や動画などでセルフトレーニングを行った。その後、契約に際して無料使用枠を活用して研修プログラムで学んだことを実践し、何ができるのかといった具体的な動きを確認したという。つまり、AWS側が公式に用意している窓口やプログラム、サービスを活用したわけだ。

「試行錯誤してみてわかったことは、AWSではできることが多く、どこから手をつけてよいのかがわかりづらいということでした。そのため、今までオンプレミスで経験したことのある領域からトライしました。わからないことはWebで調査し、実際に試してみる。それでもわからないことはAWSの担当やサポートに相談し、さらに試してみるという形で自分たちの中にノウハウを吸収してきたのです」と池本氏は語る。

こうしたトライ&エラーを繰り返した上で、DirectConnectを利用した専用線接続や、パブリッククラウドのリソースをVirectConnet+VPC接続でプライベート空間で利用する環境の構築を行った。さらに、本番系とテスト系でVPCを分けることで、本番稼働をにらんだ開発も行えるようにしたという。

●AWS導入を検討している企業に贈る5つのアドバイス
○AWSプログラムを活用して知識・スキルをアップ

オンプレミスによるシステム構築と比較して、AWSを活用したシステム構築は調達の時間とコストが大幅に抑えられるようになった。また、構築作業もAMI(Amazon マシンイメージ)を活用することで工数を削減でき、大幅なスピードアップを実現している。大きな成功をおさめた千趣会のクラウド移行だが、利用する上での悩みもあるという。

「自分たちで検討・構築を進めてきた結果、管理・運用面での課題も見えてきました。このまま利用を拡大しても問題にならないのかという不安もあり、さらなる活用方法などを知るため、AWSトレーニングのアソシエイトレベルの3講座を受講しました」と池本氏。

具体的には「Architecting on AWS」、「Developing on AWS」、「System Operation on AWS」の3つを受講。結果として、社内に知識を持つメンバーも増え、ムリなくクラウドファーストのシステム構築が行えるようになったという。

現在の千趣会では、USBデバイスを使う必要があるなどハードウェア上のな制約があるシステムや、どうしても止められない仕組み、レガシーな接続を求められるシステムはオンプレミスで残しているものの、大半のシステムはクラウド上で稼働させられるようになっている。

○クラウドにも障害やメンテナンスがある

AWSを十分に活用できるようになった中、システム構築のスピード化や設計の効率化、スモールスタートからのスケールアップが容易であるといった良い成果を得る一方で、クラウドにも障害やメンテナンスがあるということを池本氏は指摘している。

障害に対しては、原因追及よりもサービス復旧を優先させるのがクラウド活用ならではのポリシーであるとし、メンテナンスに対してはオンプレミス時のような個別調整ができないことを踏まえてあらかじめ冗長構成をとるなどの対策が必要だとも語った。

また、クラウドサービスを利用すれば安価なシステムが構築できるというイメージもあるが、クラウドサービスの利用範囲が広がると障害・メンテナンスに備えた冗長構成の採用など、信頼性確保のためにある程度のコストがかかってくる。この点についても、RTOやRPOについて社内で議論し、適切なコストのかけかたを決める必要があると指摘した。

今後、千趣会ではさらに自社メンバーのレベルアップを図っていく。AWS認定ソリューションアーキテクトのアソシエイト試験やプロフェッショナル試験へのチャレンジ、Advanced Architecting on AWS研修の受講などを予定。さらに、社内での活用幅を広げて、標準化した環境の自動展開を検討・計画しているという。

「AWSを一定期間利用した結果、クラウドベンダーとの関係性がかなり重要だと感じています。障害が発生した場合、どこまでベンダーを巻き込めるのか、ユーザーが希望する情報提供が行われるのか、ベンダー担当者が身近な存在であるのかといったことが重要です。また、AWSの積極的活用によって、検証環境の調査津が容易になって対応が効率化したほか、使った分だけ課金されるということが浸透してインフラコストが再認識されるなど、IT部門内にも変化がありました」と、池本氏はユーザーとしての率直な感想を教えてくれた、

そして、これからAWSの導入を検討しようとしている企業に向けて「AWSはスモールスタートが可能なのでとにかく使ってみること、トライアルの中でサポートのレベルを確認しておくこと、有償サポートはなるべく契約し活用すること、障害は起きるものと考えてRTO/RPOの議論をあらかじめしておくこと、AWSの担当者と仲よくすることの5つが大切」と、池本氏はアドバイスを行って講演を結んだ。

(エースラッシュ)