写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する"大人が装着できる変身ベルト"「COMPLETE SELECTION MODIFICATION(CSM)」シリーズより、『仮面ライダー555』から「FAIZ AXEL(ファイズアクセル)」が商品化されることが発表され、現在ティザーサイトがオープンしている。

「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」は、"大人が装着できる変身ベルト"として人気を博した「COMPLETE SELECTION」から派生したシリーズで、従来の商品をMODIFY=モディファイすることで、バリューとリーズナブルな価格を両立。これまでに、『仮面ライダーW』の「ダブルドライバー」「アクセルドライバー」「ファングメモリ」「ロストドライバー」、『仮面ライダーカブト』から「カブトゼクター」「ガタックゼクター」「ハイパーゼクター」、『仮面ライダーディケイド』から「ディケイドライバー」と「ディエンドライバー&ディエンドベルト」、そして『仮面ライダー555』からは「ファイズギア」が発表されている。

「ファイズアクセル」は、2003年より放送開始された特撮ドラマ『仮面ライダー555』に登場した腕時計型の変身ツール。劇中では、「ファイズアクセル」に搭載されたアクセルメモリを変身ベルト「ファイズドライバー」に装着することで、ライダーたちがアクセルフォームにフォームチェンジし、高速の攻撃で敵を圧倒した。

詳細の発表は7月22日を予定しているという。

(C)石森プロ・東映