亜洲大学提供

写真拡大

(台北 24日 中央社)亜洲大学(台中市)の学生らで構成されたグループが、夏休みを使って海外でボランティア活動を行うため、続々と出国している。中には日本に滞在する学生もおり、同大関係者は成果に期待を寄せている。

海外ボランティアとして出国するのは外国語学科やソーシャルワーク学科、学生会の学生など7グループ108人。日本のほか、カンボジア、マレーシア、香港、マカオで活動する。

参加者の中には6人の日本人留学生もおり、台湾の学生19人を連れて、青森、千葉、奈良、大阪、福岡、宮崎などを訪問。2週間にわたって保育施設や学習施設、行政機関、民間団体などで活動に取り組む。

人文社会学院(学部)の陳英輝院長は、学んだことや知恵を生かして、価値あるサービスを日本の人々に提供してもらいたいと激励している。

(編集:齊藤啓介)