実写映画『東京喰種』で主人公を演じる窪田正孝(左)とヒロインに扮する清水富美加(右)

写真拡大

先日、実写映画化が発表されたばかりの『東京喰種』の主人公を窪田正孝、ヒロインを清水富美加が演じることが発表された。

累計1800万部超の人気コミック「東京喰種」を実写映画化!

本作は、石田スイ原作、週刊ヤングジャンプにて連載中の累計1800万部を誇る人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」の実写映画版。人の姿をしながら人を喰らう怪人「喰種(グール)」が跋扈(ばっこ)する東京を舞台に、平凡な大学生の金木研(カネキ)が、ある日事故に遭い病院に運ばれ、一命は取り留めたものの、リゼという少女の臓器を移植されたことで半喰種となってしまうというストーリー。

窪田が演じるのは、この主人公のカネキ役。人間でありながらも、人間を食べることでしか生きることができない「喰種」に半分変化してしまった悲しみと運命を、魅力たっぷりに演じる。

一方、清水が扮するのは、そんなカネキとバイト先で知り合い、自身も喰種で、カネキに対しぶっきらぼうな態度を取りつつも助ける存在となっていくヒロインで女子高生の霧嶋董香(トーカ)役。メガホンを、多数のテレビCMやミュージックビデオ、ショートフィルムを監督し、海外で数々の賞を受賞している萩原健太郎がとる。

本作主演について窪田は「初めて原作を読ませていただいたとき物語に吸い込まれるように、のめり込むように次へ次へとページをめくっていました。たくさんの原作ファンの方の意見、思いがあると強く受け止めています。石田スイ先生のメッセージも読ませていただきました。有り難すぎるお言葉に気持ちが救われました。ただ実際は自分もビビっているのが本音です。先生をはじめ、ファンの方の大切な大切な東京喰種という作品。誠に微力でありますが金木研くんという大役に寄り添い、深く大事に演じさせてただきたく思います」とコメント。

清水は「私と霧嶋董香ちゃんは、真逆のタイプだと思います。自分は平和にぬくぬく生きてきたなぁとも思います。生まれてから大した地獄を知らなければ、見たこともないです。ゆえに、どういったものを、どのように、どのくらい削ぎ落とさなくてはいけないのか、どのくらい自分を追い込まなくてはいけないかということが、計り知れないことは分かります。声をかけて下さった方々に後悔をさせたくない、という思いと、役を頂いた以上、物語の持つテーマを感じとっていただけるように、いや、そのテーマが何かも今は分からないのですが、詰めて詰めて、撮影が終わったら死んでもいいくらいの気持ちで真摯に作品に臨んでいきたいと思っております」と意気込みを語っている。

『東京喰種』は2017年夏に全国公開となる。

【関連記事】
[動画]向井理、お泊まり愛発覚!? 共演の窪田正孝と自宅から舞台挨拶へ直行
『闇金ウシジマくん Part2』窪田正孝インタビュー
清水富美加が人生初のウェディングドレス姿を披露「ちょっぴり恥ずかしかった」
清水富美加もミニスカ制服姿で登壇、『アバター』初日舞台挨拶