『ぼくのおじさん』 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会

写真拡大

山下敦弘監督の新作映画『ぼくのおじさん』の特報が公開された。

【特報映像を見る】

『ぼくのおじさん』は、北杜夫の同名児童文学が原作。兄の家に居候している貧乏で独身の「おじさん」を主人公に、おじさんの甥・雪男の目線から、おじさんが一目惚れした相手・エリーに会いたい一心で、ハワイに行こうと様々な手を尽くす様子を描く。

大学で臨時の哲学講師として働き、屁理屈ばかりこねるおじさん役を松田龍平、しっかり者の雪男役を大西利空、おじさんが一目惚れするヒロイン・エリー役を真木よう子が演じている。

特報では、初めて海外を訪れたおじさんが、電話をかけ間違え、現地の人にも相手にされない様子がユーモラスに映し出されている。