ホンダCR-Z新車情報・購入ガイド
年内で生産を終了! 哀愁を誘う最後の特別仕様車「Final label」登場!【ニュース・トピックス:ホンダ】

写真拡大

優れた燃費性能と走る楽しさをを併せ持つ貴重なスポーツカーがCR-Z

 ホンダは、ハイブリッドスポーツカーのCR-Zに特別仕様車「α・Final label(アルファ・ファイナルレーベル)」を設定し発売を開始した。

 ホンダCR-Zは、2010年にデビュー。CR-Zは、1.5L i-VTECエンジンとハイブリッドシステムのIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせたスポーツカー。低燃費による優れた環境性と、走る楽しさを合わせ持った現在でも数少ないモデルだ。ハイブリッド車で、スポーツモデルを提案したという点では、非常にホンダらしく価値ある1台だ。そうした部分なども評価され2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

 ホンダCR-Zは、2015年に大幅なマイナーチェンジしたばかり。電子制御パーキングブレーキの採用や、リヤトレッドを10mmアップ、ブレーキサイズの拡大されるなど、装備や走りの質に至るまで大幅にグレードアップされた。

 CR-Zには、高効率のリチウムイオン電池が搭載されるなど先進性を感じさせる部分も多かった。走行性能部分でも、こだわっていて鍛造アルミフロントロアアームや6,600回転まで回るエンジンなど、走る楽しさを追求していた。

 ホンダCR-Zの販売台数は、デビュー直後こそ3,000台/月を超えることもあったが、スポーツカーということもあり、一定のファンに売り切った後は、急速に販売台数を落としていく。1年も待たずに1,000台/月売ることができなくなり、直近では100台/月売るのも難しい状況になっている。

 すでに、ホンダはハイブリッドシステムであるIMAでは、燃費で勝負にならないとして、現在のスポーツハイブリッドi-DCDに移行した。すでに、現在の燃費21.6/Lでは、ハイブリッド車というメリットはない。ホンダ フィットの1.5L自然吸気エンジンでさえ、すでに21.8/Lとなっているくらいだ。

 トヨタからは86が出て、同じホンダからは軽自動車でミッドシップのS660、マツダ ロードスターもフルモデルチェンジするなどしたこともあり、スポーツカーの選択肢が増え、デビューが古く現状のCR-Zでは戦闘力不足となるのも仕方のないところだろう。

Final labelのロゴ入りシートなど、見た目で哀愁を誘う特別仕様車

 今回の特別仕様車CR-Z α・Final labelは、αグレードをベースとし最後の特別仕様車ということをアピールしたモデルだ。アルミ製コンソールプレートやシートには、哀愁を誘うFinal labelのロゴが入る。その他、専用マット塗装17インチ軽量アルミホイールや、特別色として「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(モノトーン)を設定した。また、αではオプション設定のナビ装着用スペシャルパッケージが標準装備されている。走行性能に係る部分は17インチホイールくらいだ。

 このCR-Z α・Final labelの価格は2,800,000円。ベースとなるαから10万円アップという価格設定になっている。装備アップ分に対して、価格相応といった印象で特別に安いという特別仕様車ではない。

 残念ながら、30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」、「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」は、標準装備されておらずオプション設定となている。あんしんパッケージまで標準装備されて、この価格なら買い得感はある。

 CR-Zは特殊なクルマなので、安いから買うというタイプのクルマではないが、Final labelというのであれば、特別な装備を装着し限定車にしたりするなど、せっかくこうした特殊なクルマを選んでくれた顧客が満足するような特別感が欲しいところだ。

ホンダCR-Z特別仕様車 「α・Final label」価格/主要装備

■ホンダCR-Z特別仕様車 「α・Final label」価格:CVT/6MT 2,800,000円

<主な特別装備の内容>
○α特別仕様車「Final label」6MT/CVT共通
αの装備に加えて
・「CR-Z Final label」ロゴ刺しゅう入り・専用ブラックコンビシート(前席)
・プライムスムース・ドアアームレスト(ブラック)
・専用マット塗装17インチ軽量アルミホイール
・「CR-Z Final label」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
・ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・プレミアムペダル
・トノカバー
特別色として、「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(モノトーン)を設定

この記事をCORISMで読む→