23日、韓国政府が旧日本軍慰安婦関連資料のユネスコ世界記憶遺産登録事業の予算を全額削減したことを受け、ソウルの朴元淳市長は「政府がしないのなら、ソウル市がする」と明らかにした。写真は韓国の慰安婦歴史館。

写真拡大

2016年6月23日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府が旧日本軍慰安婦関連資料のユネスコ世界記憶遺産登録事業の予算を全額削減したことを受け、ソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長は同日、「政府がしないのなら、ソウル市がする」と明らかにした。

朴市長は23日、SNS放送「元淳さんのXファイル」で、「慰安婦関連資料を必ず保全し、ユネスコ世界記憶遺産に登録しなければならない」との考えを明らかにした。朴市長は「ソウル市は慰安婦被害者らの肉声を録音し、映像を記録し、資料などを収集して整理する『慰安婦資料の管理事業』を進めている」と明らかにし、「これらを集めて、政府が手を引いたユネスコ世界記憶遺産登録事業を支援する」と述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「大統領の名字も朴。大統領府にいる朴氏が大統領なのか、ソウル市公館にいる朴氏が大統領なのか分からなくなる」
「朴市長が必ず元慰安婦らの名誉を回復してくれると信じている」

「次の大統領は朴市長で決まり。誠実で良い人だ」
「朴市長のおかげで気分が晴れた!」

「韓国国民として恥ずかしい。韓国政府は何をするところ?遊ぶところなの?」
「他の市も協力するべき!」

「言葉だけで終わらないことを願っている」
「MERSが拡散した時もそうだった。韓国がピンチの時にはいつも朴市長が現れる!」

「大統領選挙に出馬したいという下心が見え見え」
「ソウル市長として他にすべきことがあるのでは?」(翻訳・編集/堂本)