どうすれば学校でウンチがしやすくなるか……

写真拡大

子どもの便秘が深刻化する中、「クラスメートにからかわれる」と、小中学校のトイレではウンチができない男子生徒の実態が浮き彫りになっている。そこで安心して用を足せるようにと男子トイレを個室化する動きが出ているが、果たしてそれで問題が解決するのだろうか。

神奈川県内には、大和市のようにこれから市立小中学校のトイレ改修工事を行ない、男子トイレの一部をすべて個室化する計画がある一方、茅ヶ崎市のように過去に個室化を導入したが、失敗に終わったところがある。J-CASTヘルスケアは両市の担当者を取材し、どうしたら「トイレ男子」が便秘の悩みを解消できるのか迫った。

自動洗浄やウォシュレットも導入、「ホテル並み」に

大和市教育委員会教育総務課によると、2006年頃から小学校19校と中学校9校で、トイレの改修工事を進めており、2016年度から順次、各校に1か所の「男子トイレ全個室化」を導入する。その個室化トイレは1階に作るそうだ。

担当者はこう語った。

「各校1か所だけにしたのは、小便器を使いたい子どももいますから、選択の幅を広げるためです。また、場所を1階にしたのは、誰もが通るところなので、登下校時や体育の前後、休み時間に外で遊ぶ時などに利用しやすいと考えました」

「トイレ男子」のビミューな心理に配慮したのだ。人目だけでなく、「暗い」「汚い」「臭い」の「3K」のために使いたくない子どももいる。そこで、トイレに入った途端に明かりがつく「人感センサー」や自動洗浄装置、ウォシュレットを導入したほか、便座は和式をなくしすべて洋式化。ちょっとしたホテル並みのゴージャス感になりそうだ。すでに工事を終えた学校では、トイレットペーパーの消費量が以前より増え、効果が表れているという。

失敗例は、立ったままオシッコするので床が汚れて...

一方、失敗例の茅ヶ崎市教育施設課に聞くと――。同市では2001年に市内のある小学校で1か所だけ試験的にすべて個室化したが、2013年に元に戻してしまった。その理由について担当者は「男子の個室トイレ利用率が上がらなかったことと衛生面で問題が起きたこと」を挙げて、次のように語った。

「たとえ個室化しても、長く入っているだけでウンチだと分かり、からかわれてしまい、結局使わなくなったことが、アンケート調査で分かりました。また、子どもが便器に立ったままオシッコをするため、床が汚れて臭うという苦情も出ました。導入時に小さい方も座ってするように指導したのですが...。ハード(設備)だけでなく、ソフト(指導)も徹底しないと駄目だと分かりました」

結局、「小便器を復活させてほしい」という声が多く上がり、元に戻した。試験導入だったこともあり、再び実施する予定はないという。ただ、「校内の1か所しか変えなかったので、全部を一気に個室化すれば違った結果になったかもしれません」とも話した。

前出の大和市の担当者に、茅ヶ崎市の失敗例について尋ねると、「同じ県ですし、もちろん知っています」。その上で、こう語った。

「オシッコは男子も座ってするという指導を徹底していきます。(長く入っているだけでウンチだと思われると)人目を気にする子どもには、排泄の重要性と、学校でウンチをすることは恥ずかしいことではないと、根気強く教えていくのが第一です。茅ヶ崎の経験も踏まえて、注意深く見ていきます」

我慢しすぎると便秘どころではない恐ろしい症状が...

ウンチを我慢しすぎると、単なる便秘以上の深刻な症状に進行する。子どもの便秘に詳しい東京都立小児総合医療センター小児消化器科の立花奈緒医師は、医療情報サイト「メディカルノート」2016年4月9日付記事で、「子どもの便秘を『たいしたことのない』ものと考えてはいけない」として次のように警告している(要約抜粋)。

「我慢すると便意が収まり、大腸に便がたまります。すると便はますます硬くなり、いざ出すときに激痛が伴い、肛門から出血することもあります。この痛みを経験すると余計に排便を嫌がり、便秘が慢性化します。肛門近くの結腸が大きく広がり、そこに便がたまって頑固な便秘を起こしやすくなる『巨大結腸症』になるおそれもあるのです」

学校でウンチができない「トイレ男子」の問題。ネット上でも「トイレ男子OB」たちの同情の声が飛び交っている。

「確かに高校くらいまでは学校でウンコするのは抵抗あるな」
「男子トイレの個室化は賛成」
「男子は学校のトイレでウンコをすると個室を覗かれるらしい」
小学生男子が学校のトイレで個室使ったら、あだ名が『ウンコマン』とかになってずっといじめられることになるからねー...。そりゃ学校のトイレ使いたくないって思って当たり前」