地理的に近いとはいえ、文化や習慣など異なる点も多い日本と中国。旅行で日本を訪れ、日本独特の習慣に面食らう中国人旅行客も少なくないようだ。中国メディアの日照網はこのほど、日本に行くなら知っておくべき「日本の暗黙のルール」に関する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 地理的に近いとはいえ、文化や習慣など異なる点も多い日本と中国。旅行で日本を訪れ、日本独特の習慣に面食らう中国人旅行客も少なくないようだ。中国メディアの日照網はこのほど、日本に行くなら知っておくべき「日本の暗黙のルール」に関する記事を掲載した。

 記事は日本における暗黙のルールの1つ目として「街にごみ箱がないこと」を挙げ、街中いたるところにごみ箱がある中国と違い、日本では街中でごみ箱を見かけることはほとんどないことを紹介。日本では「自分のゴミは持ち帰る」のが暗黙のルールだからだとした。

 さらに「刺青があると温泉に入れないこと」、「買い物に消費税がかかること」を紹介。中国にも日本の消費税に相当する増値税があるが内税だ。そのため会計時に消費税が別途徴収されることに戸惑うようだ。だが、外国人である以上、手続きを行うことで消費税は免税となる。

 また記事は「日本の電車は特急、快速、普通があること」。それぞれ止まる駅数が異なるというのは中国人にとっては戸惑いの対象のようだ。さらに「エスカレーターに乗る時左右どちらに立つか」という問題も、中国人にとっては戸惑いの種だろう。関東は左側だが関西は右側との暗黙のルールがあるが、時に例外もあるため、周りの日本人に合わせるのが現実的だと提案した。

 さらに、「公共の乗り物内で電話してはいけないこと」も日本では常識だと指摘。旅行者はおとなしく座っているのが一番確実だと伝えたほか、「ホテルや旅館の部屋は1人あたりの値段」であり、中国のように部屋ごとの価格ではないことに注意を促した。

 こうした習慣は誰かに教えてもらわないと分からないため、初めての日本旅行を行う中国人にとっては役立つ情報だと言えそうだ。日本人からしても中国との違いが分かり、興味深いのではないだろうか。同時に、外国でマナー違反と批判されたくないという中国人の意識も感じられる内容と言えよう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)