NYのアート&テクノロジーハブ「Eyebeam」は、社会をハックし続ける

写真拡大

NYで約20年もの間、アートとテクノロジーをキーワードに、あらゆるかたちで社会をハックし続けてきた非営利のレジデンス施設「Eyebeam」がある。世界中の人々が集結し、どこよりも早くテクノロジーを読み解き、遊び、思考し、現代社会に数々の提言を重ねてきたこのプラットフォーム には、CREATIVE HACK AWARD2016のテーマ「日常をハックせよ」を解題するたくさんのヒントがあるかもしれない。ディレクターのロディー・シュロックに話を訊いた。

「NYのアート&テクノロジーハブ「Eyebeam」は、社会をハックし続ける」の写真・リンク付きの記事はこちら

「創造」のシステムを変える

Eyebeamという「非営利のスタジオ」が、ニューヨークにある。

1997年、安価で広いスペースを求めて多数のアートギャラリーが流入してきた元倉庫街のチェルシー地区にいち早く拠点をおいたEyebeamは、時代の先端をいくクリエイティヴ/テクノロジーのハブとして、世界中のメディアアーティストやテクノロジストたちにその名が知られるようになった。

それからおよそ20年後のいま、Eyebeamは、高級ギャラリー街となったチェルシーから、ブルックリン州南方の沿岸エリア・レッドフックに位置し巨大な倉庫ビルが軒を連ねるインダストリーシティに移転した。

ここでは、時代の「次の次」くらいを読み解き、次世代にインパクトをもたらす社会実験が試みられてきた。そのありようを見つめ直すのは、『WIRED』日本版が4年にわたって開催してきた「CREATIVE HACK AWARD 2016」が掲げる「日常をハックせよ」というテーマを解題するのに、まさにふさわしい。

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています。(応募締め切りは16年9月30日)6月27日(月)には、「CREATIVE HACK AWARD 2016 オープンセミナー #1」を開催します。

例えば、ソーシャルメディアの黎明期に、オンライン上でブログのシェアを可能にする「ReBlog」のプロトコルを開発したり、プラグラミング言語C++を用いたオープンソースのツールキット「openFrameworks」が生まれる発端となったり(創始者のひとりはメディアアーティストのザック・リバーマン)と、そこで生み出された功績は枚挙に暇がない。彼らが実験的に開発してきたシステムやプロジェクトは、後世のクリエイティヴ/テクノロジーに多大なる影響を及ぼしている。

L1004287

Eyebeamの実体が何かというと、クリエイターやテクノロジスト、研究者が世界中から集まる超・領域越境的なレジデンス施設であり、社会実験のラボであり、R & D機関でもあり、テクノロジー教育を進めるプラットフォームでもある。彼らは毎年オープンコールで「リサーチャー」を募集し、各々が持ち寄るプロジェクトやテーマを遂行していく。

「タスクに溺れる前に、徹底的に思考せよ」

L1004084

「Eyebeamは、テクノロジーをベースに、世界中から集まるさまざまなアイデアを具現化し、社会に拡大していくためのスペースです。リサーチャーとしてやってくるアーティスト、デザイナー、科学者、テクノロジストたちとは何度も対話を繰り返し、未来の思考の種を育てています。ある人はここをアートセンターと呼び、ある人はイノヴェイション拠点とも呼ぶでしょう。ここからは、クレイジーなアートプロジェクトもスタートアップ企業も、すべて同じカオスの渦の中から生まれてくるのです」

ディレクターのロディー・シュトックは、20年弱の歴史をもつEyebeamのDNAを引き継ぎながら、そのコンセプトを一新してきた人物だ。今年のオープンコールのジェネラルテーマは「Power(力)」。ネットワーク、経済と通貨、知能と身体、フィクションとリアリティなどをサブテーマに、権力の与える影響やその構造を見出すことをリサーチテーマとしている。

L1004266

「ぼくたちの新たなコンセプトは『Stop Work!』。これは毎月、何時間もチームで議論を重ねてきたなかから生まれた言葉です。何かプロジェクトを起こすときに、すぐにラップトップを持ち寄ってTODOリストを埋めようとするのはもうやめよう、と。すぐこれがお金になるか、何ならつくり出せるかなどを考えてしまっては、真に新しいシステムや産業は生まれてこないでしょう。ぼくたちは、オールドファッションな思考から脱却し、現代社会に潜む問題や可能性を切りひらく新たな『窓』を見出すことを最重要視しています。従来の『仕事』を除外して、ものごとの原理を徹底的に思考し、対話する。そのための場がここにはあります。これはすべてドネーションで運営している非営利のプラットフォームだからこそできることでもありますね」

Eyebeamの運営費は、その100パーセントが寄付で賄われている。翻って日本では、彼らのような公的資金に頼らない文化機関が存続することは想像しにくいが、米国には財団のファンドによる美術館や文化機関が多数存在する。

また、Eyebeamは企業によるスポンサードとは別の形態で、Microsoft Researchなどの企業とコラボレーションしたR & Dプロジェクトなども行なっている。特に米国発のオンラインメディア『Buzzfeed』とのコラボレーションでは、「ジャーナリズムの再発明」をテーマに、ソーシャルメディア以降のジャーナリズムを考察するプロジェクトをNYとサンフランシスコの2拠点で行なっているという。

「企業のためにアイデアを提供するのではなく、ぼくたちのアイデアを創発するプラットフォーム自体に企業が価値を見出してくれている。ここには新たな経済循環が生まれています」

市民社会のシンボル、「公共の水辺」をハックする

Eyebeamがいま取り組んでいるプロジェクトのひとつを紹介しよう。レジデントリサーチャーのひとりであり、アーティストのナンシー・ノーヴァスクが推進する「Citizen Bridge(市民の橋)」は、その名の通り自分たちで「橋」を建設しようとするアートプロジェクトだ。

Eyebeamの目前にたたずむアッパー湾を拠点に、湾岸に浮かぶ小さな島・ガバナーズ島までをつなぐ橋を、彼女たちは実際に建設しはじめている。

その「橋」はメタファーではなく、いわゆるパブリックアートでもない。建築家、プログラマー、インダストリアルデザイナー、法律家、学生など多数のコラボレーターを集め、実際にブルックリン市とかけ合い、安全保障や契約事項などさまざまな取り決めを交渉している真っ只中なのだ。数年の交渉を経て、現在は十数人が乗れるほどの橋のプロトタイプがアッパー湾に浮かんでいる。

なぜ彼女はこんなことを始めたのか。その理由は「市民権利の回復」にあるという。海岸エリアから河川まで、「水辺」というものは本来、誰もが自由に使えるコモンスペースであったはずだ。しかしいま、権力や国家という具体のない存在が、わたしたちの生活に根ざす「水」をコントロールしている。

この先、気候変動や洪水などで日常生活が脅かされるとき、「水」はライフラインをつなぐ最重要のファクターとなるだろう。そのとき、これほど重要な「水」のあり方を、果たしてかたちのない権力に委ねているだけでいいのだろうか? 公共への忠義というものは本来、人々のあいだに根ざすものではないのか?というのがノーヴァスクの主張だ。こうした問題提起からクラウドファンディングで資金を集め、実際に「橋」を建設してしまおうというのだから面白い。

いま、アーティストたちがこの世界に投げかける問いは、いつしかアートピースという形態を超えて、ラディカルな社会実践へと向かっている。それは、ヨゼフ・ボイスが唱えた「社会彫刻」そのものであり、未来の世界や社会を創造性によってつくりかえる「ハック」なのだ。

インタヴューの最後に、ディレクターのシュロックはこう語った。

「ぼくたちの信念は、アイデアをまず具現化し、そのアプローチや技術をオープンソースで世界中に公開すること。科学技術は従来の社会をハックし、ぼくたち自身の世界そのものを変える力を持っている。それをいかに民主的に、誰もが使えるツールにするのか。Eyebeamに集結するあらゆる知恵や実践をオープンに開いていくことで、社会にインパクトを与えることができるんです」

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています。(応募締め切りは16年9月30日)6月27日(月)には、「CREATIVE HACK AWARD 2016 オープンセミナー #1」を開催します。