画像

写真拡大

 プラットフォーム・ワン提供のDSP「MarketOne」が、広告キャンペーンのViewabilityを計測できるようになった。これはコムスコアのキャンペーン効果測定ツールと連携したことによるもの。

 プラットフォーム・ワンの提供するDSP「MarketOne」が、comScore(以下、コムスコア)が提供するキャンペーン効果測定ツール「validated Campaign Essentials TM(vCER)」と連携した。

 これより、同社DSPを利用した広告キャンペーンのViewability(※)の計測が可能となる。広告主や広告代理店は計測したViewabilityをもとに広告配信の最適化や評価を行うことができるようになる。

 同社は2016年1月に同社提供のSSPにて広告枠が可視領域にあるかを自動判定し、広告表示を行う技術を実現した。今後は、「Viewable Impression」専用のPMP商品の構築や更なる新商品の開発、販売を視野に入れている。

※Viewability:ビューアビリティ。広告の可視性。バナー広告においては広告クリエイティブの50%以上の面積が1秒以上露出した広告インプレッションを「Viewable Impression」としている。IABの定義に準拠。

MarkeZine編集部[著]