「東京喰種」キャストへの想い、原作者が抱く窪田正孝&清水富美加の印象。

写真拡大

「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の累計1,800万部を誇る超人気コミックス「東京喰種 トーキョーグール」の実写映画に、主演・窪田正孝(27歳)、ヒロイン・清水富美加(21歳)の起用が決定した。それに伴い、原作者の石田スイがコメントを寄せている。

※※※ ※※※ ※※※

カネキ役の窪田正孝さんは、映画「僕たちは世界を変えることができない。」がキッカケではじめてその存在を知りました。作業をしているときに一瞬だけ、映画のCMが目に入って、窪田さんは涙を流す演技をされていたのですが、
その数秒でもう「この人すごい」と衝撃を受けたのを覚えております。
演技の素晴らしさは勿論、「カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ」というキャラのイメージぴったりのお姿で。
「東京喰種」の連載が始まって、本当にすぐの出来事だったので、窪田さんの存在はそれからずっと気になっており、テレビや映画などで拝見するたびに、活躍を嬉しく思っておりました。
窪田さんのすごさは、皆さんにもすでにバレつつあるとは思うのですが、自分の作品を踏み台にして、さらに「窪田正孝すごい」という事を知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかなと、個人的には思っております。

トーカを演じて下さる清水富美加さんは、どう演じられるのか想像がついておりません。
その部分に、「どうなるかわからないけど面白そう」という興味を抱きまして、自分が推させていただきました。
(それと、見た目が可愛らしかったので)
清水さんが、この作品を通して新しいものが見つかるのであれば、それはとてもすばらしいことだと思います。
言及して良いものかわかりませんが、正式にオファーさせて頂いた際に、トーカを演る上で、ひとつこちらから“無理”をお願いしまして、清水さんがそれを受けてくださったとお聞きしました。
そこに清水さんの強い意志を感じましたし、トーカに通じる部分を持っていらっしゃるように思いました。
なにより、真摯な姿勢で作品に向き合って下さることを嬉しく思います。清水さんの新しいステージに繋がるようななにかが、きっと見つかるのではないかと、自分は感じております。トーカ、楽しみにしております。

どこかでも発言しましたが、実写化に関して、もちろん不安はあります。
映画の製作側の方々が本当に根気良く、原作者である自分の意見を聞いてくださっていて、自身の不安は少しずつですが取り除かれました。ものをつくる環境としては、とても健全な場所だなと感じておりますし、本来そうあるべきだと思います。

しかし、それによって映画が良くなるのかはわかりませんし、結局ダメになっちゃうかもしれません。
ただ、個人的な望みを申し上げれば、「健全な環境でつくればちゃんと良いものが出来るんだ」ということを、
監督の萩原健太郎さんには、証明していただければ良いな、と願っております。

……話はすこし戻りますが、キャストさんについて。
主役の方々もそうですが、「まさかこの人が…」という方も中には紛れ込んでいて、その方々に関しては、もう普通にファンとして観ちゃうなあ、と今から感じております。純粋にどうなるか楽しみです。
皆さんにも引き続き、不安と関心を持って、続報お待ちいただければと思います。

※※※ ※※※ ※※※

映画「東京喰種」は2017年夏、全国公開。