腕に着用するだけで24時間の活動をチェック

写真拡大

パソコンやスマートフォンなどを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、腕時計タイプの活動量計「VivoWatch(ビボウォッチ)」を2016年6月24日に発売。

スマホ連携で電話・メール・SNS着信を振動でお知らせ

LEDの光で脈拍を計測する「VivoPulseテクノロジー」を使用した光学式脈拍センサーを内蔵し、手首に着用するだけで日々の脈拍の計測と記録が可能だ。歩数や移動距離、消費カロリーを記録し、画面に日別・週別で表示していつでも確認できる。

3軸加速度センサーを備え、睡眠時間や寝返りの回数などに基づいた「熟睡度(睡眠の快適度)」を算出。運動時は「エクササイズモード」に切り替えれば、運動の状態が有酸素運動かどうか判断し、画面下部のLEDが緑色に光って知らせてくれる。

活動状況や運動時間、睡眠の質を元に、ユーザーの体の状態を示す独自の「ハピネス指数」を割り出し、自身の状態をチェックできる。シャワー程度なら着用したままでも安心なIP67相当の防水/防塵性能を備える。

iOS/Android向け専用アプリ「HiVivo Plus」をインストールしたスマホとBluetoothで連携し、各種データの確認のほか、電話やメール着信、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)受信時に振動で知らせる機能を搭載。約1〜2時間の充電で約1週間の連続駆動が可能なバッテリーを内蔵する。

価格はオープン。通販サイトなどでは2万円を下回るもよう。