23日午後3時ごろ、江蘇省塩城市で竜巻が発生し、これまでに78人が死亡した。

写真拡大

2016年6月23日午後3時ごろ、江蘇省塩城市で竜巻が発生し、これまでに78人が死亡した。

江蘇省民政庁によると、竜巻は雷雨やひょうが降る悪天候の中で発生。これまでに78人の死亡が確認されたほか、500人近くが負傷し、このうち約200人が重傷だという。

目撃者は当時の状況について、「竜巻はひょうと一緒に現れた。空には黄色や赤色の雲があった。ひょうの大きさは卵くらいで、大勢の人がけがをした。自動車は空まで巻き上げられて、その後落ちてきた。死んだ人もいた。ここではこれほど大きい竜巻が起きたことはなかった。変電所でも火事になった。まだ土に埋まっている人もいるので、死亡者の数は増えるかもしれない」と語った。(翻訳・編集/北田)