第13回中国国際現代化鉄道技術装備展覧会が20日、北京市で開幕した。中国標準化高速列車の模型が、展覧会で初公開された。

写真拡大

第13回中国国際現代化鉄道技術装備展覧会が20日、北京市で開幕した。会期は3日。中国標準化高速列車の模型が、展覧会で初公開された。北京日報が伝えた。

「中国標準」高速列車は、中国が独自に開発した時速350キロの高速列車で、現在は運行に向けた試験段階。同列車の国産化率は90%以上。「中国標準」と呼ばれるのは、主に同列車の研究開発に用いられる各種基準が、すべて中国が自ら設定したものだからだ。同車両は低騒音、軽量、高安全性などの特長を持ち、各種指標が現在のCRH380シリーズから大きく改善されている。

模型の先頭車両・最後尾車両は、異なるメーカーによって生産された。職員によると、以前は乗客数の多い時、型番の異なる列車をつなげて運行することができなかったが、今後は「中国標準」高速列車の使用により、異なるメーカーが生産したベースの異なる列車も連結できるようになるという。

職員によると、このたび展示されたCJ-2都市間高速列車、CRH6F型都市間高速列車は、いずれも都市間の移動向けに開発された列車だ。時速250キロ以下の都市間列車は、未来の30分交通圏を構築する主力になる。

新たに開発された都市間列車は軽量・低騒音で、快適性が高く、より多くの乗客をのせることができる。CRH6F型は驚くべき定員を誇り、トイレや荷物棚などの設備を簡素化することでスペースを拡大し、512座席を設置。最多で1998人をのせることができる。また列車の走行部分の台車は高速鉄道技術を採用しており、一般的な地下鉄よりも安全性が高い。(提供/人民網日本語版・編集YF)