カングーをはじめとして、数多くの特別仕様車をリリースしているルノー。

基本的には、どのモデルも日本のためのスペシャルな仕様になっており、買い得感の高い価格設定になっているのもポイント。

1

2016年6月23日から50台限定で販売された「ルノー キャプチャー カンヌ」は、その名のとおりカンヌ映画祭の名前を冠した限定車になっています。

ルノーは映画との関わりが非常に深く、110年以上も映画との関連があり、映画のワンシーンにルノーの各モデルが出てくるのはもちろん、オフィシャルカーとして映画祭をサポート。

なお、5月に開催された第69回カンヌ映画祭に300台超のルノー車が提供されたそう。

最大のポイントはボディカラーで「ブルー マリーン フュメ+カプチーノメタリック(20台限定)」、「イヴォワール+カプチーノメタリック(30台)」ともに、印象的なカプチーノのルーフカラー、そして個性を感じさせるボディカラーにペイントされています。

 

 

ほかにも専用内装色の「ブラウン+ダークカーボン」、専用レザーシート(前席シートヒーター)、9インチSDナビゲーション、カンヌ映画祭公式エンブレムデカール(左右)、アルミ製ペダル、サングラスホルダーを装備。

価格は289万円で、ベースの「ルノー キャプチャー インテンス」から21万8000円高となっていますが、シートヒーター付レザーシートやナビなどの装備を考えるとお得な仕様です。

今週末(2016年6月25日、26日)には売り切れてしまうかも!? とのことなので、キャプチャーが気になっている方は正規販売店に急ぎましょう。

(文/写真 塚田勝弘)

カンヌ映画祭の名を冠した、ルノー キャプチャー カンヌは即売必至!?(http://clicccar.com/2016/06/24/381154/)