外国旅行は期待だけなく、不安も感じるものだ。それが初めて訪れる国で、言葉の通じない場所であれば尚更と言えよう。だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人にとって日本はとても気軽に訪れることができる旅行先だと力説する記事を掲載、団体旅行ではなく、個人旅行での楽しみ方について説明している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 外国旅行は期待だけなく、不安も感じるものだ。それが初めて訪れる国で、言葉の通じない場所であれば尚更と言えよう。だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人にとって日本はとても気軽に訪れることができる旅行先だと力説する記事を掲載、団体旅行ではなく、個人旅行での楽しみ方について説明している。

 記事が「とても気軽に楽しめる」と強調する日本旅行だが、その理由はたくさんあるようだ。日本の地名のみならず、文字が漢字であるため筆談でコミュニケーションを取れることや、日本は治安が良く、政治不安もなく、テロリストも存在しないうえに「見知らぬ人が話しかけてくることもない」ため、「若い女性が1人で旅行しても全く問題ない」と説明した。

 またクチコミサイトを利用すれば美味しい料理を楽しめるお店を手軽に探し出せると紹介。一定の評価があれば良いお店であることは「絶対に間違いない」と説明しており、クチコミサイトを利用すれば「旅行者だけで混みあうお店に行かなくて済む」と、その利便性を強調した。

 さらに記事は民泊仲介サイトを利用すれば、宿泊費も抑えることができると紹介。東京や大阪で300元(約4700円)ほどの宿を見つけることができると紹介する一方、「日本の家は必要な物が完備されていて、家具は素晴らしいうえに衛生的で、あまりのきめ細やかさに外出したくなくなる」と絶賛した。

 記事の筆者は実際に日本旅行を経験し、これらのサービスを活用してその利便性を体感したのだろう。またこうしたサービスだけでなく、日本の治安の良さも個人旅行を楽しめる重要な要素であるという見方を示しているほか、日本人の親切な人柄も、中国人が気軽に日本旅行を楽しむことができる要因の1つとして記事は高く評価している。日本旅行を通じて日本人の人柄や日本で提供されているサービスを体験する中国人が増えれば増えるほど、日本を好きになる中国人も増えるはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)