2015年、中国人による爆買いが日本で大きな話題となった。爆買いの対象は温水洗浄便座や電気炊飯器などから現在は日用品へと変化しつつあるが、中国人が日本で爆買いしたのは日本製品の品質が高く、偽物もないため安心して買い物ができるためだと言えよう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 2015年、中国人による爆買いが日本で大きな話題となった。爆買いの対象は温水洗浄便座や電気炊飯器などから現在は日用品へと変化しつつあるが、中国人が日本で爆買いしたのは日本製品の品質が高く、偽物もないため安心して買い物ができるためだと言えよう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人は日本で日本製品を爆買いしているが、「実は日本人も中国で爆買いしているものがある」と主張する記事を掲載した。

 日本人が中国で爆買いしているものとは一体何だろうか。少なくとも中国製品ではないであろうが、記事はまず「ドジョウ」などの食べ物を挙げ、「ドジョウは栄養が豊富で、中国から大量に輸入している」と主張。

 続けて、中国から日本向けに輸出されるドジョウは養殖されたものだと伝える一方、「規格が厳しく、成長促進剤などは絶対に使用してはならないことになっている」と紹介した。日本は今なお野菜や食料品の多くを中国からの輸入に頼っている。日本人旅行客による買い物でなくとも、日本人が中国産のものを大量に購入しているという意味では確かに爆買いと言えるだろう。

 また記事は、日本は中国から大量のレアアースを購入し、ハイテク製品に使用していると主張。世界で生産されるレアアースの大半は中国産であり、その多くを日本や米国が購入している現実は確かに爆買いと言えそうだ。

 さらにもう1つ、日本が中国で爆買いしているものがあるという。それは漢方薬だ。薬に即効性があるためか、中国では東洋医学よりも徐々に西洋医学が重宝されるようになっているが、記事は「日本や韓国では中国よりも東洋医学が重んじられており、漢方薬に対する信頼性も中国より高い」と主張。中国産の漢方薬の材料が日本へ輸出され、薬に加工されていると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)