21日、中国各地で有害物質が使われた運動場による健康被害がたびたび報じられているが、このほど浙江省杭州市の学校で人工芝から基準値を超える有害物質が検出された。

写真拡大

2016年6月21日、中国メディア・澎湃新聞(ザ・ペーパー)によると、中国各地の学校でグラウンドに有害物質が使われた「毒トラック」による健康被害がたびたび報じられているが、このほど浙江省の杭州外国語学校で、キャンパスに使われている人工芝からベンゼンやトルエン、キシレンなどの有害物質が基準値を超えて検出された。

同校は2016年に新キャンパスに移転したが、問題が出ているグラウンドのトラックや人工芝は2015年10月には完成していた。ところが、2016年4月ごろからグラウンドなどで異臭がし始め、咳や鼻血、頭痛、発熱、生理不順など、体調を崩す学生が出るようになり、保護者の間から有害物質の検査を求める声が上がっていた。

学校側は、公的な基準に準拠して建設されているとし、建設後の検査でも問題はなかったことを明らかにした上で、5月下旬、保護者の代表者らの立ち会いのもので再検査を行ったところ、基準値を超える有害物質が検出された。学生や教職員の健康被害を考慮して、人工芝はすでに撤去し、すべての授業を取りやめている。

検査を行った華東理工大学の専門家は、人工芝に限った国家基準はまだ制定されていないとしており、保護者らは「同じ過ちを繰り返してはならない」と、政府に対して関連基準の早急な作成を働きかけている。(翻訳・編集/岡田)