ストック画像を駆使して幻の名画を蘇らせる!Adobe Stockが持つ可能性を見事に体現して見せたキャンペーン動画

写真拡大 (全2枚)

画家レンブラントによる唯一の海景画『ガラリアの海の嵐』はかつてボストンの美術館が所蔵していましたが、1990年に盗難被害に遭い、現在もその行方は分かっていません。そんな幻の名画をAdobe Stockのストック画像を用いて再現するというプロジェクトキャンペーンが行われました。

本作品にチャレンジしたのはインド人デジタルアーティストのAnkur Patar氏。
彼はAdobe StockとPhotoShop CC(画像編集ソフト)を用い、レンブラントがたどったプロセスに沿って空から描き始めます。1人の船員を描くのにも4〜5点の素材を合成。作品全体に使用したストック素材はなんと246点にも上ります。レンブラント同様、自分自身を絵の中に登場させるという遊び心も見せています。

 

Adobe Stockの素材の豊富さも去ることながら、Creative Cloudの操作性や完成作品のクオリティの高さ、そして何よりも、失われてしまった絵画までもデジタルなら作り出せてしまうという事実を通して、Adobe社のサービスの価値を改めて表現している動画です。

本キャンペーンでは紛失や破壊に遭った名画全4作を蘇らせています。特設サイトでは他の作品が制作される様子を収めたタイムラプス動画や、PhotoShop CCのハウツーなども紹介されています。

企業:Adobe
タイトル:「Make a Masterpiece」