2016年5月末時点で中国A株を保有する個人投資家は5005万1000人となり、1年前から456万4000人増加した。保有する株式の時価総額が10万元を超える個人投資家はこの1年間で276万6000人減少している。写真は中国の個人投資家。

写真拡大

中国の証券決済・清算機関、中国証券登記結算公司によると、保有する株式の時価総額が10万元(約158万円)を超える個人投資家はこの1年間で276万6000人減少した。前年からの減少幅が最大だったのは500万元(約7943万円)以上1000万元(約1億5886万円)未満の個人投資家で、この1年間で44%減少した。

新華社が17日伝えたもので、2016年5月末時点で中国A株(中国本土に上場している人民元建て株式)を保有する個人投資家は5005万1000人となり、昨年5月末から456万4000人増加した。うち保有する株式の時価総額が10万元に満たない個人投資家が全体の74.74%を占めた。

保有する株式の時価総額が1万元(約15万8000円)未満と1万元以上10万元未満の個人投資家はそれぞれ、前年から444万5000人、288万5000人増えた。一方、10万元以上50万元(約794万円)未満の個人投資家は139万9000人減少、1億元(約15億8800万円)以上の個人投資家も617人減少した。(提供/Bridge・編集/Akutagawa)