久保建英、“時を止める”スルーパスでゴール演出!ボレーもすごい…

写真拡大

鳥取県で開催されている、インターナショナルドリームカップ2016。

U-16世代による国際大会で日本代表、ハンガリー代表、マリ代表、メキシコ代表の4ヵ国が出場している。

出場資格を持つのは2000年1月1日以降に生まれた選手ということで、日本から参加しているのは「00ジャパン」ことU-16日本代表。

バルセロナの下部組織出身のMF久保建英もメンバー入りを果たしているのだが、初戦となるハンガリー戦で鮮やかなテクニックを披露してくれた。

23分、西尾隆矢からのスローインを受け取った久保はワントラップし体をゴールの方に向けると、ノールックで右サイドにスルーパス。

ここに西尾が走りこんでクロスをあげ、最後は上月壮一郎が頭で合わせ、この日3点目となる得点を奪った。

小さなスペースも逃さぬ久保のこのパスセンス…。

視野の広さだけでなく、優雅さのようなものもを感じさせる大人びたプレーだった。

そんな久保は、他にもこんなプレーをやっていた。

8分、左サイドをドリブルで駆け上がった中村敬斗からのパスを受けると、久保はこれを浮かせ豪快ボレー!

シュートは惜しくもGKの正面に飛びゴールにはならなかったが、意図的にボールを浮かしているようにも見える。このイマジネーションは素晴らしい。

結局試合は4-1で日本が勝利。日本は24日(金)の午後6時からマリ代表と対戦する。