カリッとろり。パーフェクトな極上フライドエッグのつくり方

写真拡大

暑い日が続きだすと冷たいものばかり食べてしまい、油断すると夏バテ予備軍に。とはいえ忙しい毎日の中いつもバランスの良い食事をとる、というのは難しいのが現状。そんな時に使いたいのは完全栄養食に近いといわれる卵です。
身近な完全栄養食「卵」
じつは卵は良質のタンパク質が豊富で必須アミノ酸もバランスよくとれるとっても身近ですぐれた食材。健康のみならず、美容にも良い栄養の宝庫と言えます。卵料理はいろいろあれど、シンプルにおいしい! と思うのはやっぱり目玉焼き。朝ごはんにはもちろん、いろんな料理のトッピングとしても使えたりと応用がきき、なによりも簡単なのがうれしいですよね。
でもシンプルな分ちょっとこだわって極上の目玉焼きをつくってみると、しあわせなごはん時間を味わえます。「ライフハッカー[日本語版]」に外はカリッと黄身はとろり。極上フライドエッグの作り方の動画をご紹介します。
極上しあわせ。カリカリとろり! フライドエッグ

ポイントは油のかけ方。白身にだけきちんとかけて黄身はとろとろに仕上げると良い感じに。目玉焼きは意外と好みの半熟加減が難しかったりしますが、パーフェクトにつくれた日はなんだかうれしいもの。実際につくると塩コショウが効いているので、そのままパンなどにつけてもソース代わりになりとってもおいしいかったです。カリカリの外側の食感はたまりません。
いまの時期にはナシゴレンなどのピリ辛ごはんにのせてもおいしいし、単調になりがちな冷たい麺にのせてもちょっとボリューム出て、なおかつ栄養もしっかりとれますね。
和洋中なんでも合う万能な目玉焼き。和洋中となんでも合うひと手間かけたフライドエッグは、至福のごはん時間を与えてくれそうです。
[ライフハッカー[日本語版]]
photo by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。