パートナーと距離を縮めるちいさな習慣

写真拡大

インドアで過ごす時間が自然と多くなる梅雨どき。せっかくなのでこの時期を利用してパートナーとの関係を向上させてみませんか? おうちタイムに手軽にできる「パートナーとの距離が近くなるちいさな習慣」を4つご紹介します。
1.オフラインの時間
ちょっとの空き時間にもつい触ってしまう携帯やタブレット、パソコン、テレビなどの情報機器類。パートナーと過ごす時間を楽しむために、意識して1日数時間の「オフライン時間」をつくりましょう。外の情報に振り回されない時間を過ごすことで目の前のいまこの瞬間を充実させて、お互いの存在を身近に感じましょう。
2.とくべつな朝時間
いつもよりすこし贅沢なコーヒー豆や茶葉を購入して、パートナーと過ごす朝時間のクオリティを上げてみましょう。ていねいに淹れた良質なコーヒーやお茶を堪能することで五感が刺激され、気持ちいい1日のスタートを切ることができます。ちょっとした贅沢感から生まれる穏やかな気持ちも共有できます。
3.写真の整理をしてアルバム作成
思い出の写真をパートナーと一緒に整理してみましょう。一緒に出かけた場所や過ごした時間を写真で振り返ってふたりの歴史を再確認。思い出話で会話も弾み、お互いの絆を深めることができます。「次はあそこへ行きたいね」と楽しい計画も持ちあがり、ワクワク感を高めることができます。
4.「ありがとう」をいつもより頻繁に
ジメジメした梅雨どきは心も曇り空になりがち。パートナーがしてくれたことに対していつもより多くの「ありがとう」を口に出して伝えることで、ポジティブな気持ちを高めることができます。また「ありがとう」が言えるちいさなシチュエーションをいつもより意識して探してみましょう。感謝のエネルギーを充満させて、ふたりの心の距離が近くなります。
手軽にできてパートナーとの関係が向上するちいさな習慣。梅雨どきのモヤモヤ感を取り除く助けにもなるので、ぜひお試しください。
photo by Thinkstock/Getty Images

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。