<ISPSハンダグローバルカップ 初日◇23日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>
 国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』の初日。40歳のベテラン・沖野克文が5バーディ・ノーボギーの“66”でラウンド。首位と3打差の4位タイと今季初のレギュラーツアー出場で好スタートを切った。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 「まずティショットがよかったです。ドライバーのおかげ、M1のおかげです。それにパターもよかったですピンチでも入ってくれた」とプレーが上手く噛み合った末の5アンダー。7番と12番では3メートルのパーパットが残ったが、しのぎきってスコアをまとめた。
 2人の“先輩”のアドバイスも活きた。パターに関しては契約メーカーが同じで親交がある河井博大から“フォローがまっすぐ出てない”とストロークの指摘を受け、引っかけが少なくなった。またショットに関しては“ジャンボ”こと永久シードプロの尾崎将司からの「スイングが緩んでいたので、躊躇なくしっかりスイングすること」というアドバイスを意識したことで安定したという
 沖野は2部のチャレンジツアーが主戦場。6月は千葉県で2試合あり、その合間に同県内にあるジャンボの施設練習場を尋ね、近隣のホテルに宿泊し、4日間練習に励んだ。これが4回目の訪問だが「今でもガチガチです。言われるがままです。話かけることもできないです(笑)」。練習では細かく指示はされずに、自分の考えたメニューをこなしていると、ジャンボが自身の練習の合間にアドバイスをくれるそうだ。
 何より心に響いたのは心構え。「なんとなく打つのではなく、ピンを狙って。“プロたるものピンを狙っていけ”と。おかげで今日は逃げませんでした」。今季初のレギュラーツアーでも臆することなく攻めたことがこの日は結果につながった。
 14年にチャレンジの「石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament」は制したが、レギュラーでの勝ち星はまだない。「自分は這い上がるしかないので。セーフティにいくのではなく、攻めないといけませんから」。昨年40歳となり、残された時間も決して多いとはいえない。
 「自分はおっちょこちょいで、いつも怒られてばかり。でも、ゴルフをしている時は、ほかの事をすべて忘れて夢中になれる」。朴訥とした話しぶりの端々から、ゴルフに対する“愛”が感じられる沖野。所属先の広島県にある舟入ゴルフガーデンではレッスンをしており、教え子たちから「頑張ってください」と応援を受けたと嬉しそうに話していた。
 這い上がるためには、この好スタートを無駄にはできない。先輩たちからのアドバイスを胸に、残り3日間も全力で攻めて少しでも上位を狙いにいく。

【初日順位】
1位:朴相賢(-8)
2位T:E・グリジョ(-6)
2位T:P・スワンガルンポーン(-6)
4位T:T・クロンパ(-5)
4位T:M・グリフィン(-5)
4位T:沖野克文(-5)
4位T:池田勇太(-5)
4位T:塚田陽亮(-5)
4位T:P・ハリントン(-5)
4位T:藤田寛之(-5)
4位T:宮瀬博文(-5)
4位T:宮本勝昌(-5)
4位T:朴ジュンウォン(-5)
14位T:市原弘大(-4)ら8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>