19日、中国のインターネット上に、日本の治安の良さに関する記事が掲載された。写真はサラリーマン。

写真拡大

2016年6月19日、中国のインターネット上に、日本の治安の良さに関する記事が掲載された。

日本を訪れた中国人に多いのが、「電車で寝ている日本人が多い」という感想だ。記事が「人々は荷物が盗まれることを心配していないようだ」と解説していることからもわかるように、中国人は日本のように荷物を足元や網棚に置いたり、あるいは抱えたりしながら居眠りするのは泥棒に遭うリスクが非常に高いと認識している。

以前、同様のテーマが話題になった時には、中国のネットユーザーから「中国だったら貴重品が全部なくなる」「日本はいかに治安が良いかを表している」といったコメントが多数を占めた。日本ではたとえ酔っぱらってふらふらになっていたとしても、目を覚ましたら持ち物がなくなっていたということはあまりない。

また、こちらも訪日中国人がよく抱く感想だが、「リュックサックを前に抱えなくてもいい」という声がある。日本では、リュックサックを背負ったり、チャックのないトートバッグを持ち歩いたりする人が多いが、いずれも初めて見た中国人にとっては「穴だらけ」の非常に危険な持ち方に見えてならないのだという。(翻訳・編集/北田)