<ISPSハンダグローバルカップ 初日◇23日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>
 この日開幕した国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』だが、初日4アンダー・14位タイ発進となった市原弘大が、今週から斬新なユーティリティをバッグに入れた。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 契約メーカーのフォーティーンによれば、このユーティリティの開発コードネームは“バナナ”。最大の特徴はその名の通りヘッドが黄色なこと。仮の商品名は『HI-877』でアイアンとウッドの良い部分を合わせた“ニューコンセプトユーティリティ”として開発されたという。
 ヘッドは黄色だがフェース面は黒。コントラストがハッキリしており、アドレスしたときにフェース面がしっかり見えるので、アイアン的なイメージで構えることができ、かつヘッドに厚みがあるのでフェアウェイウッドのやさしさも兼ね備えているのだとか。
 市原は1番パー5の219ヤードのセカンドショットで“バナナ”を使用し、2オンに成功。惜しくもイーグルは逃したもののしっかりとバーディを奪取した。元々、2度目の全英オープン挑戦に合わせ、投入された新兵器。「高い球、低い球の打ち分けができて、スピン量が抑えられる」とコントロールしやすい部分が最も気にいったポイント。3番アイアンとの入れ替えを決め「(全英でも)使ってみたい」と手ごたえを掴んでいた。
 メーカーによれば、プロトタイプだけに詳細はまだ未定とのこと。市原は『全英オープン』に照準を合わせるため『日本プロゴルフ選手権』には出場しないだけに、今週投入した新兵器が“使える”感触を得たことは、順調にメジャー挑戦へ歩みを進める上では大きいだろう。
【初日順位】
1位:朴相賢(-8)
2位:P・スワンガルンポーン(-7)
3位:E・グリジョ(-6)
4位T:T・クロンパ(-5)
4位T:M・グリフィン(-5)
4位T:沖野克文(-5)
4位T:池田勇太(-5)
4位T:塚田陽亮(-5)
4位T:P・ハリントン(-5)
4位T:藤田寛之(-5)
4位T:宮瀬博文(-5)
4位T:宮本勝昌(-5)
4位T:朴ジュンウォン(-5)
14位T:市原弘大(-4)ら8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>